■ツーリングレポート 千葉

 

GWの南房総はやっぱり渋滞記


それでも海は良いものです

 

<2019年5月3日>

GW恐るべし

 今年のゴールデンウイーク、大盤振る舞いの10連休も既に半分が消化済み。

 この間、セローで近場を回りはしたものの、相変わらず遠出はできず。
 「ん〜、VMAXをがっつり走らせてやりたいんだけどなぁ」

 先にレポートのとおり、セローで北の山は回ったし、VMAXでも東の海へはちょろりと出かけた。
 西は混雑するだろうし南は……「千葉とかは?」

 数年前、GW過ぎに千葉・南房総へ出かけ、枇杷(ビワ)を食べたことがある。
 産地だけにとても美味い&安かった。ビワは傷みやすいのでなかなか地方には出回らないし、売られていても(傷がつかないように)厳重に梱包された高級品ばかりなのだ。

 「そうか、ビワを買うためだけに千葉に行くってのも格好良いかもな!」

 よし、なら600マイルブレンドとまではいかないが、300マイルビワと洒落こんでみるか!
※600マイルって確か往復の話……だったよね?(忘)

 当日、出発は7時半とほぼ予定通り。ホント、こういう時は寝坊しないんだよな。

 VMAXにはツアーシェルケースを装着。日帰りだからまったく不要なのだけれど、帰りに土産を積むにはケースがあった方が何かと便利なはずなのだ。(経験則)


片側は完全に空です

 服装は革ジャンの下に長短Tシャツレイヤードとウインドブレーカー。下は二ーシンガード&防風ジーンズ。グローブは3シーズンの厚(と薄をケース内に)
 ころころと気候の変わる今年のゴールデンウィーク。今のところはちょい涼しいが日中はわからない。出かける方向が南だし、汎用性の高い格好が無難だろう。

 とりあえずの天候は薄曇りで時折太陽が顔を出す感じ。雨の可能性は無しっと。

 国道4号バイパスを南下する。さすがは5月の3日で混雑はあるが、基本片側3車線なのでがしがしとイケる。
 西行きの場合は圏央道へと上がる五霞を今日は華麗にスルーして、その先、道の駅庄和でトイレ休憩。そういえばここへ寄ったのもずいぶん久しぶりだよな。
※埼玉ライコランドへ行くときには手前で曲がっちゃうからね。

 その先から農道へ、そして県道へ。
 ナビの指示に従ってほこほこと進む。メジャールートではないので土地勘は皆無、頼むぞGoogleMAP様、最近地図が変わって精度が下が(略)

 「ほう、ここから高速に乗れってか」
 いつの間にやら来ていたのは常磐道流山IC。どれどれとMAPの指示に従い高速入り口を入ったところで思いつく。「しまった!この先給油ポイントあるんかいな!

 既に相当の距離(VMAX基準)を走っている。近々給油が必要になるのだけれど、馴染みのルートでないのでまったくGSの場所の見当がつかない。
 この先は外環かそれとも首都高か?いずれにせよ期待薄なのは間違いない。もちろん千葉までなんて持つはずもなし。

 「失敗した失敗した、どうしようか……」と考えながら走っていたのが悪かったのだろう、高速の分岐を曲がり損ねてしまう。うわやっちまったと思う間もなく高速を降ろされて一般道へ。

 「失敗は続くんだなぁ……」と落ち込んだが、待てよ?一般道へ降りたんだったら給油すりゃいいんじゃん!

 すぐ先のセルフステーションで満タン給油。出発の前にはこの先のルートをじっくり確認。あらためて高速へと入っていく。
 「よし、結果的にはこれでおっけー!」(ポジティブシンキング)


 首都高はさすがに渋滞していた。
 連なった車の間をゆっくりとすり抜ける。くれぐれもサイドケースの幅を忘れないよう注意にして。
 そして同じように抜けて行くバイクも多いけれど、あそこにいるタンデム珍走仕様は一気に追い越して距離をおくとしよう。

 京葉道路・東関東自動車道、渋滞変わらず。
 東→南へと進むにつれ気温が上がってきた。次の休憩時にはウインドブレーカを脱がないといけないな。

<余談>
 渋滞中「ナンバーの4桁がまったく同一の車が2台連なっている」のを発見した。
 地域が違うしツルんでいるのでは無さそう。それらしいゴロ合わせが思いつかないナンバーだったから本当に偶然なのだろう。
 86とか2000とか32とか2525ならありがちなんだけどね。
(でも確率1/10000と考えるとそんなに珍しくはないのかな?)

 市原SA手前でやっと渋滞は減ってきた。
 時は既に11時を大きく過ぎている。やれやれ、予定より1時間の遅れだわ。

 SAへIN。さすがは千葉県、サービスエリアは南国仕様だった。


ビーサン売り場が充実してました


花も綺麗でしたよ

 トイレを済ませ、(遅れているので)手足だけ伸ばしてさくっと出発。

 混雑の減った高速をゆるゆる走って、せっかく千葉まで来たんだから海沿いも走らなきゃと富津金谷ICで高速を降りると……「わ〜い」

 一般道は更なる大渋滞でしたとさ。

 びっちりと詰まった車の列。高速と違い1車線のこちらには隙間なし。サイドケースの幅云々を考えるまでもなくすり抜けは不可能。
 「ああそういえば大昔、先代V-MaxでGWの千葉に来た時大渋滞だったんだよな……」(と遠い目をする)

 ようやく久里浜フェリー埠頭まで動き、GSを見つけ給油したのが12時ちょい過ぎ。
 その先もじわじわとしか進まない。「これ、ずっとこのままだったら着くのは何時になるんだろう?」


 幸いにも、渋滞は鋸山への上り口までだった。
 駐車場へ入ろうとする車の列を横目に過ぎると、その先は「それなりのペース」で進み始めた。
 「よーし、これで飯屋が探せるぞー」

 食事処を探して裏道へと入り込む。
 だがGWで休業中、飯屋かと思ったら民宿、看板を発見しここだ!と行ったら以前セローで来たときに入った店(しかも並び列あり)となかなか見つからない。


とかやってたら海岸へ出ました

 ふらふら走っていて、どうみても観光客向けではない地元の食堂を発見する。ちらりと覗くとそれなりにお客も入っている。「よし、ここにしよう」

 地元向けだけに海鮮丼の類はなく、オーダーは焼きサバ+牡蠣フライの定食。
 出てくるまでに時間はかかったが、なかなかに美味くて満足。量もたっぷり値段も良心的だった。


おいしゅうございました
(早く食べたくて急いで撮ったのでピンが……)

 げふーと出発。
 いつの間にか時刻は13時半になっていた、やれやれ。


 目標にしていた「道の駅とみうら」はそのすぐ先だ。

 ここは以前来た時にも寄った場所。道の駅の他にあれこれ施設が並んでいて、もちろんビワも売っている。
 さすがに混雑していて駐車場は満車状態。二輪車専用駐車場が無いので停めるのに苦労する。

 なんとかVMAXを停め、トイレを済ませ落ち着いたら、さて、まずはアイスでも食うかな。


とうちゃ〜く


アイスの類は何か所かで売っているけれど、俺はこれが一番好き

 道の駅、そしてその隣の土産物屋でびわの品定め。

 だがそこそこ……というか結構お高い。それこそ「贈答用」なのだ。
 「うーん、前来た時には『ご自宅でどうぞ!』みたいな廉価版もあったんだけどなぁ……」

※もしかすると5/3は時期がちょい早かったのかも。前回は駐車場に地元農協のテントが出ていてビワ祭り的な事をやっていた覚えあり。

 そうだと思い出し、道の向こう側の地元スーパー的なお店へ行ってみる。
 するとあったあったありました。「キズあり」表示のある廉価版がね。


見た目はキニシナイので大丈夫

 「バイクだと大変だよねぇ」とスーパーのおばちゃんがわざわざ持ってきてくれた段ボールをちょい加工してビワのパックを入れ、それをサイドケースに格納する。
 傷つき易いから帰りはあまり揺すらないよう注意しないとな、まぁバイクじゃ気をつけてもたかが知れてるんだけどさ。


 さて、買うものを買って落ち着いた。せっかくなので海まで出てみよう。

 近くの漁港でまったりと休憩する。
 周囲は釣り客多数。海沿いに住んでて釣りが趣味だったら休日楽しいだろうねぇ。
※ま、山沿いに住んでてバイクが趣味ってのも充分楽しいけどね。


家族連れも多かったです

 さてこの次は?と考えて、さっき道の脇に「暴走房総の駅」という看板があったのを思い出す。
 すぐ近くだし見に行くか。

 「房総の駅とみうら」(紛らわしい)は新しい施設だった。

 道の駅同様、大型店舗と駐車場の組み合わせ。だが道の駅より敷地が広く店舗も大き目、そして停める場所も広い。
 ぶらぶらと中を見学する。ふむ、きちんと飲み食い(?)するならこちらの方が便利かも。


反対側には食事処とか土産物屋とかも

 一通り見て回り、VMAXへと戻る。

 いつの間にやら時刻は15時を過ぎている。
 予定ではもう少し南房総を回るつもりだった。だが(多少減ったとはいえ)一般道の渋滞は継続中で快適に走るとはいかなさそう。
 「よし、なら帰ろうか。主たる目的は300マイルビワだったんだし。」

 冨浦ICからさくっと高速へ乗り込み、一気に北上……するはずが。

 またまた渋滞だ。この辺りの高速は片側一車線なので追い抜きもままならない。
 「おーそーいーおーそーいー」

 空いた!と思えばまた渋滞、を繰り返す。
 片側2車線に変わってようやくすんなり進めるように。ぐったりして市原SAへ入ったのが16時半。
 「ああ疲れた、休憩休憩」

 パン屋のパンとロッテリアのコーヒーで休憩する。
 「専門店で買う程のこともないか」と買ったコーヒーだったが値段はさほど変わらなかった。ファーストフードだから安いはず!という思い込みはコンビニコーヒーに慣れてしまった弊害かも。

 出発前には行きの伝を繰り返さぬようルートを確認。特に給油箇所のチェックを入念に。


 17時、給油後出発。

 渋滞はその後もところどころであったのだけれど、東関東自動車道入ると急に道が空いた。
 東京へ向かう上りから下りへと変わったからだろうか。

 「高速道路ははこうでなくちゃ!」とペースを上げる。
 周囲の車のペースも上がるがVMAXに比べればゲフンゲフン。どうだそこのイキったレクサス、リミッターが効いて悔しいだろー(をい)

 「いかんいかん、ビワを傷つけてはいかん」と思い出し(今更)酒々井PAで給油する。
 まだ50km程しか走っていないのだけれど、この先しばらくGSが無いので仕方なし。

 給油の歳、GSのおっちゃんが「VMAXいいよねぇ」と話しかけてきた。
 なんでも友人が先代V-Maxに乗っているそうで、皆と給油タイミングを合わせるのが大変とのこと。
 「いやいや、このVMAXの方が先代より航続距離短いかもですよ!」
※短いというより可変なんだよなー(難)


 高速継続。道路は相変わらず快適に流れている。
 なので「ビワを傷めないためには紙コップに注いだ水をこぼさず回すイメージで走れば……」とかなんとか呟きながらちょいとペースアップ。と、前に古いクラウンが。

 地元の成田ナンバーでノーマル車体、色はグレーと「いかにも」だけれど、リアウインドウにはスモークが貼ってある。
 「スモークの覆面っているんだっけ?」と追い抜きがてらに覗くと、前席には青い制服にヘルメット姿の二人連れが。
 変にペースを落とさず前へと出、距離をとってから何食わぬ顔で走行車線へと戻る。
「ああ、空がきれいだねぇ……」

 獲物を探していたグレーのクラウンは成田空港方面へと曲がっていった。
 さて、んじゃ俺はペースを戻してっと……

 道は圏央道へ、方向は西へと変わる。
 左手では成田空港への飛行機が飛ぶ。正面には夕日が綺麗だ。

 快適だった東関道と異なり、この辺りはところどころにちょい渋滞の部分あり。
 大分戻ってきたし、時間的に飛ばすと蟲がぶつかってくるし、焦らず行くとしよう。

 常磐道、友部SAで最後の休憩。
 早めの夕飯は何やら賞を貰ったという能書きの豚丼。なるほど直火焼の肉が香ばしくて美味かった。


見た目よりボリュームあり


能書きもあり

 外へ出るといつの間にか真っ暗になっていた。
 VMAXで夜走るのは久しぶりだよなとプロシェードのバイザーを上げる。


まぁでも日は大分伸びましたよね


 自宅への到着は21時丁度。ああ、よく走ったわ。

 サイドケースに格納したビワは、取り出すとさすがに傷が増えていた。んでもまぁ、すぐ食べきるから問題なし。

 さて、今日のルートは半分以上渋滞だったけれど、少なくともVMAXでがっちり走るという目的は達成できた。
 うん、こんなツーリングも偶には面白いものさ。

※「そろそろいいかな?」と今回はシールドからピンロックを外して出掛けたのだけれど、息が当たるとやっぱり曇ってしまった。使い勝手と洗う手間、この先どちらを優先させようか。


本日の走行距離:540km 給油回数:6回
本日の教訓:そうか、思ったより距離走ってなかったんだな。

 
 

 

 

 




 

戻る ツーリング紀行へ戻る