■バイクで行きましょう、北海道へ|北海道ツーリングのススメ

 

05 ルート

北海道ツーリングのススメ

 

全ての道は……

 なんとなくテーマが決まり、フェリーも取れた(もしくは取れるに違いないと信じたなら、いよいよ北海道で走るルートを決めましょう。

国道と道道

 バイクツーリングが他の旅と違うのは、目的地よりそこに行くまでのルートが重要で あり、むしろ主目的であるということです。
 何しろ、その為に北海道までわざわざバイクで出かけるわけですから。

 とはいえ、最初はどんなルートを通れば良いのか判らないでしょう。
 まずは雑誌等で薦められているメジャールートを検討してください。多少なりとも知られた道であれば、走ってがっかりすることは北海道ではまずありません。

 移動に使うのは国道メインで良いと思います。

 「国道はつまらないんじゃぁ?」という心配はまったく無用。都市部をちょい外れればどこでも北海道ならではのダイナミックな走りが楽しめます。

 道道(地方道)も国道並みに走りやすい場所が多いのですが、ガソリンスタンドやコンビニエンスストア、道の駅等々のことを考えると最初はやはり国道の方が安心ですね。

 そしてよほど厳しい日程でなければ高速道路は不要です。高速道路はいざという時のエスケープ用としておきましょう。


距離

 1日の走行距離は、車種にもよりますが250~300kmというあたりでしょうか。

 平均50km/hで6時間走って300km。
 本土だと平均50km/hはなかなかに厳しいですが、北海道なら楽々のペースです。
 但し制限速度は本州とかわりませんのでご注意下さい。

 ルートを決める時に必須の地図、これには昭文社の「ツーリングマップル」を使われている方が多いと思います。

 このツーリングマップルを使う時の注意点としては、本州版と北海道版では縮尺が違うということ。
 同じ長さ、あるいは1ページ分であっても、距離・面積が異なりますのでご注意ください。

 ただ、実は先の「楽々ペース」の関係で、1ページを進む時間は変わりなかったりもするのですけれどね。

地形

 さて、道道も含めると網の目のように広がる北海道の道路。ここを自由自在に走り回って……といきたいところですが、実際にルートを考えると意外に条件が限られることに気づくでしょう。

 原因は地形です。

 平地が広がる部分はともかく、山脈を越える部分の道は限られてしまいます。

 特に東西ルートでは顕著。具体的には、例えばフェリーの着く苫小牧から道東へ行こうとすると、R274日勝峠か、R38狩勝峠のいずれかを通らざるを得ません。

 まぁこの辺りをどう上手くルーティングするかもコース設定の面白さなんですけどね。

時間帯

 これは北海道に限りませんが、ツーリングは午前中メインが良いですね。

 朝の早いうちから走りはじめ、お昼を楽しんだら早めに宿周辺まで移動。あとはゆっくり周囲を探索というのが一番安心できます。

 そしてこれだと、途中での「あ、あそこにも寄ってみよう!」的な予定変更にも対応しやすいんです。

 ついつい走り続けがちになるツーリングですが、せっかくの北海道なのですからゆっくり楽しんで走りましょう。


■俺的追記■

……とか偉そうに書きましたが、俺が「ゆっくり探索」できていないのはご存知のとおり。
 そりゃセローで1日500km走ってたら観光してる暇なんてありませんって。

 でもこれ、鶏と卵の関係なんですよね。
 平均50km/hで10時間走り続けちゃうのが悪いのか、休憩とか景勝地観光とかに時間を使わないのが悪いのか。
 
※2019年追記:ホント、1日300kmに制限すると観光が捗りますねぇ(笑)
 


 

 ←PREV   NEXT→ 

 
戻る 表紙へ戻る