■これだけあれば大丈夫?|はじめての整備にはじめての工具

 

02 メガネレンチ

はじめての整備にはじめての工具

 

本締めはこれで

 メガネレンチ
 これは安物でも大丈夫。だって多少サイズ狂ってたってメガネだから外れねぇもの。

 「外れた!」「ナメた!」なンてのは、安いか高いかより使い方の影響の方が大きいでしょうな。
 なンで、ホムセンで売ってる「メガネレンチ○本セット980円」でも充分使えるンです。


 サイズ的には、バイクだと頻繁に使う順に、10mm、12mm、14mm、8mm

 あると便利な17mm。19mm以上は必要に応じてって感じで。

 メガネってのは両端に違うサイズが組み合わさってるもンなンで、使う頻度の高い奴が複数あると使い勝手が良い。
 10mmのボルトナット緩めるのには、表と裏で10mmが2本いるわけですからねぇ。
 ま、バイクだと表裏両方にレンチかける機会ってのは少ねぇンですが。

 だから、8-10、10-12、12-14なンてのが便利。セット品だと大抵この組み合わせが入ってますがね。

 長さはほぼ選ぶ余地無いと思うンですが、どちらかというなら長い方を。
 「短いメガネで良かった」なんて思う事はほぼほぼ無いですからねぇ。

 あとメガネレンチってのは、端がこうクイっと曲がってる(オフセットされている)んですが、このクイっは大きい(深い)ほうが汎用性が高い。
 最初に買うなら、このオフセットが大き目の奴がお勧めですな。
 あとは別に書くスパナ(オープンレンチ)との合わせ技狙いって事で。

 ンでもって、メガネレンチってのはバイクの整備で一番使う・手に取る工具かもしれねぇンですよ。

 だからそのうち良いのを欲しくなる可能性が大。でもね、最初に買った安物が無駄になるわけじゃない。
 これまた別に書きますが、工具の使い方は様々なわけでね。

 なンで、まずは安いセットで一通りサイズ揃えて、ボーナスでも入ったら一番使う10-12辺りから気に入ったメーカーのを買い足し、ってのが良いンじゃないかと思うンですよ。





 

 ←PREV   NEXT→ 


 
戻る 表紙へ戻る