■これだけあれば大丈夫?|はじめての整備にはじめての工具

 

03 スパナ(オープンレンチ)

はじめての整備にはじめての工具

 

抑えとして使います

 スパナはねぇ、使う場所限られるンですよ。

 ボルト・ナットの類は基本メガネで回すもの。メガネが入らないトコに使うのは後で書くボックス・ソケットレンチ。
 オープンスパナを使うのは、横からしかアクセスできないナットとかだけなンですな。

 バイクだと、ミラーの根元とシフトペダルのリンクくらい。あとは……どっかあったかな?
※ケーブルの長さ調整ナットとかでもね


 だからこれも、まずはホムセンの安物セットで充分。
 長さもまぁそンなにはいらない、この手のスパナはトルク(力)が必要になる本締め用には使わない・使えないンでね。

 なんで本締めに使わないかというと、「滑るから」

 滑るというか力をかけにくい。メガネだとがっちり掴めるのにスパナじゃナットが逃げていく。
 この辺りはいっぺン実際に使ってみると判るンですがね。

 ってなわけで、スパナは「裏側のナットを軽く押さえておく」なんて使い方が一番多い。

 スパナだけで締めるのは先のミラーの根元くらい。まぁここもガチ締めはしねぇと思うンですが。


 さて、で、どうせ買うなら片側オープン片側メガネの奴が使い勝手が良いわけだ。

 メガネレンチのサポートにもなるし、メガネは先のとおり「クイっ」なオフセットが付いてるンで、こっちはフラットのにしとくと汎用性も出る。

 メガネだとなかなかセットに入ってない11mmとか13mmってのをスパナで揃えるってのもありですな。

 この11,13なんてのは純正パーツにはまず使われないサイズなンだが、市販パーツだとあり得るわけだ。 
 ミリじゃなくインチサイズを意識したパーツだったりすると特にねぇ。そんな時この辺りのサイズ持ってると互換性がでてくるンでね。


 純正ミラーサイズ(14mmとか17とか19とか)とシフトリンク用(8とか10)のスパナは、大抵純正・車載工具の中にもありますな。

 車載の8mmスパナは薄い板みたいで笑っちゃうンだが、これはこれで使い手がある。
 そもそも8mmのナットなンてのは厚みがそうあるわけじゃなし、狭い場所にあることも多い。なンで工具も薄い方が便利に使える。
 だから「別に良いの買ったからもういいや」って捨てたりしちゃ駄目ですぜ。

 ああ、最後にですが、スパナ・レンチってぇと「モンキーレンチ」なんてのを連想する人もいるかと思うンですが、あれは汎用工具だからねぇ。
 この辺りの奴についてはまた後で別途にって事でね。



 

 ←PREV   NEXT→ 

 
戻る 表紙へ戻る