■これだけあれば大丈夫?|はじめての整備にはじめての工具

 

05 浸透潤滑剤

はじめての整備にはじめての工具

 

価格は様々

 工具じゃねぇインターミッション的な話になるンですが、メンテやる時に浸透潤滑剤の類ってのは絶対必要になるンでね。


 ボルト・ナットを緩める時にまず吹いておくのが浸透潤滑剤。
 そして「ネジを緩めるならゴーゴーロク!」ってはまぁ定番でしょうな。

 クレのCRC5-56は便利なもンです。
 安いしどこにでも売っているし、自分でメンテするンだったらとりあえず1つは持っておくべきもの。

 ブレーキとかプラスチックには使っちゃダメで……なんてのは缶の説明読んで下さいな。CRCにもいろいろバリエーションがあるンでね。

 んでこのCRC5-56、ネジ外すだけじゃなく洗浄にも使えるンですな。

 古いグリスとか油泥とか、水洗いじゃ落ちない・水洗いはしたくないものの汚れがすっきりと落ちる。油は油で落とすのが一番なんでね。
 外したネジにも一吹きして、ウエスで拭いて綺麗にってのはメンテの定番作業でもあるわけだ。

 あ、ンでも能書きにある錆落としには期待しない方がいいでしょうな、こっちはあんまり落ちた記憶がないンでね。

 それと保管時の保護機能って奴も期待薄。錆びさせたくないパーツは別途グリスとかシリコンとかで保護するのが吉。
 「シリコンスプレー凄ぇ」についてはまたいずれって事で。


 とまぁ、5-56良いぜ!って話だったンですが……
……「浸透潤滑剤的にはワコーズのラスペネがもっと凄いぜ!全然回らなかったネジがくるくる回るンだぜ!インド人もびっくりだぜ!」

 いやマジにね、WAKO'Sさん凄えンだわ。

 浸透潤滑的なものに加えて「水置換性」なんてのがあって、金属面に水があってもその下に潜り込むとかなんとか。間接的にかもですが、これが先の「くるくる」に繋がってるのかもしれませんな。

 5-56は普段使いとして、別にラスペネ1本持ってると仕事が捗ること間違いなし。
 特に「ナメたくないボルトを外す」とかの作業が発生したら是非使ってみて下さいな。

 ラスペネは最初は小さい缶でもいいかな?こっちはそこそこの値段がするンでね。



 

 ←PREV   NEXT→ 

 
戻る 表紙へ戻る