■これだけあれば大丈夫?|はじめての整備にはじめての工具

 

07 ボックスレンチ・ソケットレンチの2、
ラチェットハンドル・延長ハンドルコマ・ソケット

はじめての整備にはじめての工具

 

使い方は様々

 さて、先のコマ・ソケットを回すためのハンドルの話なンですがね。


 1つはラチェットハンドル

 ラチェットハンドルってのは、回した後カチカチって戻せて、ソケットを外さず連続してボルトを回せる工具。
 スイッチの切り替えで、緩める時と締める時のカチカチの方向を変えることができる。

 便利は便利なんですが、言い方変えるとメリットはそれしかねぇンですよ。

 カチカチ言う分遊びがデカい。安い奴なら尚更だ。

 そしてソケットを直付けするならまだしも、奥まったボルト相手に延長バーなんか付けちまうと真っすぐ回すのがなかなか難しい。
 全体が長いL字型になっちまうンでね。

 だからまぁ、わざわざ安物買うほどの事は無ぇでしょう。「ソケットのセット買ったら付いてきた」ならそれを使うくらいの感じで。

 そしてわざわざ買うってンなら、ソケット同様、差込角3/8インチの確認を忘れ無ぇようにね。


 もう一つがTレンチ……ってか、スライドハンドル+延長バー

 これは俺が使って便利だから。
 ホントのTレンチってのはまた違った奴なんで間違いないようにしてくださいな。

 ンで、これはお勧めできるンですわ。

 ラチェットと違ってT字型になるんで左右均等に力が入る。もちろんL字型にもできる。
 延長バーさえ変えれば、深い・浅いボルトどちらにも使える。

 弱点は複数の工具を組み合わせるンでガタが出やすいところですかね?まぁンでもラチェット程じゃねぇですが。

 ラチェットじゃなかなか使いにくい、ヘキサソケットとかプラスネジソケットとかが使い易いってのもメリットですな。

 精度はそんなにいらねぇンで安物でいいでしょう。
 どこかでこのスライドハンドルと延長バーを見かけたら手に入れておいてください。

 俺は一度、安い延長バー使ってねじり切った事があるんですが、まぁそんなのはそうそう起きねぇと思うんでね。



 

 ←PREV   NEXT→ 

 
戻る 表紙へ戻る