■これだけあれば大丈夫?|はじめての整備にはじめての工具

 

13 電動工具

電動工具

 

整備には使いません

 ええ、これまた「電動工具なんてはじめての工具じゃねぇだろ!」って言われるのを覚悟の上書くんですがね。

 まぁぶっちゃけ、「整備」に電動工具の類はいらねぇンです。バイクの整備なんてのはそんな力まかせにゴリゴリやるもンじゃぁねぇ。

 そして力まかせにやらなきゃいけねぇ時に必要なのは電動じゃなくエアツール。ま、これに関してはいずれ機会があればって事で。

 んで電動工具。
 整備に使わねぇなら何に?ってぇと、加工用なんですな。

 磨くとか、切るとか、穴をあけるとか。

 木材なら人力でなんとかなるものも、相手が金属だとなかなか難しい。難しいというか単純に手間がかかる。
 これが電動工具だとあっという間に片付くってわけだ。

 俺が持ってるのは、電動ドリルグラインダー
 もちろんどちらもホームセンターのワゴンに「在庫一掃!」とかで並んでた品物だ。

 両方ともバッテリー式じゃなく、100Vコンセントにプラグ刺して使う奴。

 なので使う場所までえいこら延長コード引っ張っていかなきゃいけないわけだ。バッテリー式だったら場所を選ばず使えるんだけどねぇ。

 まぁその分、バッテリーの充電具合とか劣化とかを気にせずに済む。
 頻繁に使うものでもねぇンで、こっちの方が俺には合ってるともいえるでしょうな。

 こいつらを使って、アルミや鉄相手にいろいろとやる。
 キャリア作ったり、ハンドル切ったり。

 もちろん精度なんて出るわけねぇ。「とりあえずこのくらいかな?」でやっちまう。調整が必要ならその後に手作業で。
 まぁそういうもンだし、そういう加工にしか使っちゃいけねぇでしょうな。

 ってなわけで、「俺は電動工具は使わねぇかな」って人も、ホムセンのセールは気にしておくといいかもしれませんな。
 いざって時に活用できるのは間違いないし、ご家庭での日曜大工にもなかなかに便利なんでね。

 あ、そうそう、こいつらは電動だけに使い方間違うとエラいことになる可能性があるんでね。
 説明書の類はきっちり読んでおかなきゃダメですぜ。



 

 ←PREV   NEXT→ 

 
戻る 表紙へ戻る