■YAMAHA TOURING SEROW 250 FINAL EDITION オーナー編

 

タイヤ感想記 D605編


タイヤ感想記 D605編
普通が一番、かも

 

 

garage Ak!rA

 

<2021年9月> 

走ってみました

 6,000km走った純正TW301,302から履き替えたのが、DUNLOPのD605

 北海道ツーリングを含め、ここまで2,000kmほど乗った感想を書いてみよう。

 D605はセロー225時代にメインで使っていたタイヤだ。
 これをツーリングセローに履かせて走った感想を端的に書くと、「気になる事は何もなし」

 オンでもオフでも、タイヤを意識することなく走る事ができた。

 オフロードでの走破性が突出しているわけではないが、俺がイケると思えたところは確実にイケる。
 高速道路が走り易いわけではないが、100km/hで走っても特に違和感は無い。

 つまるところ、安心できるというか、安心を意識する必要すらない、と言える。
 あえて感想を探すなら「乗り心地はTWより確実に柔らかい」くらいだろう。

タイヤパターン
ブロックパターン・ブロックサイズ等はTWとさほど変わりなし

 結果、俺的には「あはは、これでいいわ、充分だわ」となった。

 何も気にせず走ることができる。
 これは山でも街中でもロングツーリングでも実に気楽なのだ。

……というわけで、この先このタイヤがメインになることはどうやら間違いなさそう。

 もちろんセローは純粋な趣味で乗っているので、あえて違うタイヤを履いて試す・遊ぶことは多々あると思うのだけれどね。

※TW301のコンテンツに書いた「これってタイヤじゃなくツーリングセローならではなのかも?」はどうやら杞憂だったよう。

<続く>



 

 

 

■ご注意■
 当サイト内における整備・メンテナンス・操作は素人の手によるものであり、かつその記述内容には誤り、思い違い、記載漏れ等のある可能性があります。
 この為、説明を真似て作業した場合でも、故障、事故、怪我等の危険性があります。
 このようなトラブルにつき管理人は一切の責任を負いません。作業は個人の責任においてのみ行ってください。


 

戻る SEROW250 オーナー編へ戻る