■ツーリングレポート SEROW250 茨城

 

カスハン・茨城周遊記

カスハン・茨城周遊記
走れ走れ

 

 

garage Ak!rA

 

<2020年8月1日>

ずっと雨続きでしたけど

 8月、ようやく北関東の梅雨があけた

 長かった今年の梅雨、というか降り続いた雨のおかげでセローの慣らし運転はままならず。納車から3週間も経っているのに走行距離は700kmにも届いていない。
※おかげでカスタマイズが進む進む(をい)

 この週末、天気予報には久しぶりにお天道様マークが現れた。
 「よし、ナラシを仕上げるぞ!」

 土曜日6時半、ああ眠い眠いとボヤきながらガレージのシャッターをがらがらと開ける。
 早朝発はホント久ぶり。このところずっと10時スタートとかばかりだったからな。
※まぁこれは天気のせいばかりではなく公私ともに忙しくて。

晴れ
晴れました

出発
行きますか

 さて、それではどこへ行こう?と考える。特に計画は立てていないのだ。

 ナラシを終えたいとはいえ、一般道で1日300km以上走るのはそう楽な話ではない(※北海道を除く)
 混雑少な目で適当に走れて、場合によっては高速も試せて、行って帰ってではなく一周できるような、そんなコースはあるかいな?(さて)

 「この前は北へ行ったから」と、とりあえずセローの鼻先を南へ向けてみる。

 R408へ出て、そこからR294、更に南。

 天候は予報どおり。
 久しぶりの青空にうきうきと走るが、既に気温は高くじりじりと太陽が照り付け始めているようないないような……
 「雨の心配が終わったかと思えば次は熱の心配をしなきゃいけないのかよ……」

早朝から晴れ
まだ早朝なんですけどね

 今日の服装はいつもの夏仕様、パーカーとGパン、Tシャツは速乾冷却タイプだ。

 現れたR125の標識を見て思い出す。そうだ、久しぶりに霞ヶ浦を回ってみようかな。

 自転車で来たことのある霞ヶ浦。湖畔の道は細くて交通量もなく、今日のようにゆっくり走りたい時にはぴったりの場所。
 この天候ならきっと吹く風も気持ち良いに違いない(自転車の時にはお断り)

 まずはと土浦を目指して走る。

 その途中にあったのが「りんりんロード」、ここも以前自転車で走った道だ。
 「ここもまた自転車で走りに来なくちゃな。今度は霞ヶ浦一周とセットでさ。」(ホントか?)
※りんりんロード往復+霞ヶ浦一周だと200kmに近くになる。 

りんりんロード
気持ち良い道なんですよ、オートバイでは走れませんが

 パタパタと走り続け、市街地でちょっと迷ったけれど、無事土浦市は霞ヶ浦湖畔の公園へと到着。
 大きな風車を眺めたら、んじゃゆるゆる回りますか。

湖畔公園
スタート地点にするにはここが一番

 反時計回りに湖畔を走る。

 先のとおり、湖畔の道は自転車用と言っていいコースなので道幅が狭く、四輪車だとすれ違いに苦労する場所がほとんどだ。

 そして当然自転車が多数。ソロにグループ、見える範囲で常に何台か走っている感じだった。

水辺の1
水辺は良いですな

水辺の2
よしよし

 天候は相変わらず。青空に浮かぶ夏雲は強めに吹く風に動きが早い。

 今日の午前中は大丈夫だけど「午後には雨雲が出るかもよ?」なんて予報も出ていたから、この後ちょっと気を付けねば。

高台から
高台に見晴らし台あり

水際
水際まで下りられる場所あり

 10時過ぎ、コンビニで小休止。
 自転車でならたっぷり糖分補給するところだけれど、オートバイなので遠慮してパン1つ。

 場所が良いので休憩するサイクリスト多数。今日の風だと走るの大変だよねぇ。
※でも向かい風の中推定35km/hで走る剛脚お兄さんとかも

コンビニ休憩
お疲れ様です皆の衆
(一時はサイクルスタンドが満車になる混雑で)

 その後も風が吹いてはいるが天気は良好。画像を撮りながらほこほこと進む。

 自転車を追い越す時はゆっくりと。そしてそれ以前に向こうが後ろから来る俺に気付いているかどうかを入念に確認。初心者ほど意味なくふらっと動きがちなのはオートバイも自転車も同じなのだ。

記念撮影
一応記念撮影的に

晴れ
それにしても晴れてますなぁ

 「いや~ホント今日の天気は最高だな~」と半周回ったところで霞ケ浦を離れ、R51へと乗ってみる。
 1周してしまうとその先ルートが苦しくなる。ここから先は太平洋を目指すのさ。

 R51の旧道を走っていて見つけ、「あれはなんだ?」と思わず覗きに行ってしまったのがこの鳥居。
 後で調べたら「鹿島神宮西の一之鳥居」とのこと。へー、全然知らなかったわ……

鳥居
水中に立ってるんですよ

 昼飯は(そう、まだお昼)茨城へ来たら寄らずにはいられないセイコーマートで。

 さっきパンを食べたので控えめに。そして当然全部セイコマオリジナルの品物で。

セイコマ
「セコマ」じゃなくセイコマと呼ばせてください

お昼ご飯
ゆでとうもろこしがあれば完璧だったんですが

 鹿嶋市でR51を外れて東へ。よーし、海へ出たぞー

海
海だ海だ

 夏休みに入ってはいるけれど、今年はコロナ禍の影響で海水浴場は開かれてはいない様子。
 それでこの人出は多いのか少ないのか。んでもまぁ、いずれにしても今年は大変だよな。
※そう、いろいろとねぇ

 R51に戻って海岸線を北上する。

 そして「浜」の表示を見つけたらとりあえず入ってみる。
 砂浜まで入れるところも何か所か。んでもまぁ、スタックしたら大変だから程々にしておこう。
※潮(塩)の心配もあるからね。

海沿い
この辺りまでにしておきます

 その先も気負いなくぽこぽこと走っていたら、いつの間にやら大洗に着いてしまいびっくりする。
 そのまま北上してひたちなか。阿字ヶ浦海岸を越えたら総走行距離もイイ感じに。
 「よし、ここからは高速テストだ!」

 ツーリングセロー250ではお初の高速道路。まずは90km/hで巡行する。
 今日はガラガラに空いているのでこのペースでも邪魔になることはなし。

 笠間PAでの休憩では、ナラシ終了(予定)記念にと500円のアイスを奢ってみる。

栗アイス
地元産の栗が山ほど入っているとか。確かにおいしゅうございました。

 その先はペースを上げて100km/h走行。
 「おー、やっぱりスピード上げると感じるものがあるなー」

※ナラシ後半のインプレはオーナー編からという事で。

 給油しての帰宅は16時という辺り。今日の走行距離は320kmと予定をクリア。

 海辺を走ったので下回りをざっと水洗い。そしてガレージにセローをしまって30分もしないうちにあれだけ晴れていた空に黒雲が現れ、あっという間に外は雨へと変わってしまった。

 もうちょっと帰りが遅かったら危なかったな。でもまぁ、天下御免の晴れ男なら当然よ!(傲慢)

天使の梯子
雨の前にはなにやら空から降りて来るものが

※「カスハン」ってのは霞ヶ浦半周という意味で。んで一周するのはカスイチね。

今日の走行距離:320km 給油回数:1回
今日の教訓:晴れるが一番

 



 

 

 

■ ご注意 ■
 ツーリングレポート中の数値・金額・時間・時刻等の表記は、特に記載のない限りツーリング当時のものであり、現在とは異なる可能性があります。


 

戻る ツーリング紀行へ戻る