■YAMAHA VMAX1700 オーナー編

 

バッテリー上がり?記

バッテリー上がり?
タイトルに?を付ける必要はあるやなしや

 

 

garage Ak!rA

 

<2013年5月>

出先でだと困りますよね

 週末、素敵に晴れ上がった空にVMAXのエンジンを始動。
 先日、某氏が良かったと言っていた施設を見に行こうと福島県白河市に向けて田舎道を走らせる。

 70kmほど走って道の駅で小休止。
 15分ほどの後、さあ出発とスターターボタンを押すと妙にセルの回りが弱弱しい

 あれれ?と思い2度3度と繰り返すうち、「ビー…」という電子音をたててセルは完全に沈黙した。そして黄色く輝くABS灯(←トラブル発生時に点燈する)
 あ、これ電圧低くてセルへの電流が切られたっぽいぞ。
※最近のインジェクション車にはこの手の余計なフェイルセーフが用意されているから誤魔化し効かないんだよなぁ…


これは自宅ガレージでの再現フィルム(フィルムじゃない)

 念のため、ETCの端子(電源)を外してみるが状況同じ。ビー音変わらず。

 これは完全にバッテリー上がりの症状だ。

 しかしそれにしては不可解な部分もある。
 何しろここまで1時間以上快適に走ってきたのだから。(そういえば朝一のセルも弱かったような…気がするだけかな)

 気温は革ジャンで丁度いいくらい。バッテリーへの負荷は一番少ない時期といえるだろう。
 何故今突然に?との疑問はどうしても拭えない。


歩道から見上げる空はあくまでも青く


 「だがまぁそれはそれとして!」とVMAXの上に仁王立ちしてみる。
 今セルが回らない事実は動かしようが無い。さあ押し掛けだ押し掛け。

 幸いにして道の駅の前はごく僅かだが坂になっていた。
 重量300kgオーバーのVMAXだが、これならなんとかなりそうだ。(エンジンもまだ冷え切ってはいないわけだし)

 クラッチを握ってギアを3速へ。

 昔は「押しがけは2速」がデフォだったけれど、始動性の上がった最近の大型車では3速の方が軽くて楽だ。
 「そういえば先代V-Maxも2速だと押すの大変だったよなぁ…クラッチ繋ぐとリアタイヤホッピングしちゃったしなぁ…」

 キーオン後のセルフチェックを確認してからえんやらVMAXを押す。
 10歩程度でクラッチをぽんっと放すと、ドンっと一発でエンジンが始動した。よ~し、さすがは新型マシン。(出てからもう4年経ってるけどね)

 クラッチを握りなおして軽くレーシングした後、やれやれとサイドスタンドを出したらギアが3速のままなのでエンジン即停止。
 うひー、落ち着いているようでやっぱ慌ててるのか?俺。

 改めて押し掛けしなおし、今度はニュートラルを確認してからサイドスタンド。

 一通りチェックするが異常は見当たらない。ゆっくり発進、Uターンして自宅へと戻る。
 「ここまで70kmって事は、無給油(エンジン停止無し)で帰宅できるはずだよな。」

 信号の少ない田舎道を選んでの帰宅途中。屋根に丸い全方向カメラをつけたグーグルカー(ストリートビュー撮影用?)と出会う。
 いつもの俺なら「うっは~凄え~」と追いかけるところだが、さすがに今日の俺にはそんな元気は無しだった。

 予想通りエンジンを止める(止まる)ことなく無事帰宅する。さ~て、一息入れたら現状チェックするか。

 まずはとにもかくにも電圧チェック

 ■エンジン停止時のバッテリー端子間電圧は12.6V
 ■アイドリング時(←今回はなんとかセルが回った)で13.5V

 電圧だけで言うとぎりぎり下限、許容範囲な感じではある。


何度か測って中間値を

 チェックの最中、4回目の始動時に「ビー」にて始動不可となった。

 次に充電器を繋いでみる。

 最初は充電している様子だったが、2時間後に覗くと充電器は満充電の表示になっていた。
 バッテリーが空からの充電としてこれは早すぎる。
 念のため先同様の始動→停止を繰り返すと、これまた3回目にビー音&始動不能。やはり充電はされていなかった様子だった。

 となると(どこからかの漏電による過放電とかレギュレーター不調による充電トラブルとかではなく)やはりバッテリーの寿命だろうか。 
 確かに同じ状況を誰かから相談されたとしたら「あ、それは要交換ですな、MFは突然死するって聞くし」とかしたり顔で答える状況ではあるのだけれど。

 新車購入から丁度4年。距離は38500km。

 後付けの電装系はETCとUSB電源。あとはLEDウインカー。

 寿命だとすれば先代V-Max、隼と比べ結構早い気がするのだけれどどうだろう?
※一般的には「バッテリー寿命は3年」なのだけれど、これまでの下駄は結構高かった。

 ともあれ、今の手持ちのツールでは充電できない(走れない)事がわかったので新しいバッテリーの手配が必要となる。
 ならどんなバッテリーを購入しようか。隼の時には「安心のGS-YUASAを選択」と書いたのだけれど、実は最近流行のリチウム系バッテリーが気になって仕方ないんだよね。

※実はこのバッテリー上がりの前日、某所に何気に「そろそろバッテリー交換を考える時期」とか書き込んだばかりだった。
 いやぁ、言霊って怖いねぇ…(ブルブル)




 

 

 

■ご注意■
当サイト内における整備・メンテナンス・操作は素人の手によるものであり、かつその記述内容には誤り、思い違い、記載漏れ等のある可能性があります。
この為、説明を真似て作業した場合でも、故障、事故、怪我等の危険性があります。
このようなトラブルにつき管理人は一切の責任を負いません。作業は個人の責任においてのみ行ってください。

■ VMAX1700 一覧 ■

 スタンダード編 

 中古車編 

 オーナー編 

 メンテナンス編 

ホイールベアリング交換記・後輪編の2

ホイールベアリング交換記・後輪編の1

ホイールベアリング交換記・前輪編

スロットル再調整、のつもりが?記

フロントブレーキ・オーバーホール記 マスターシリンダー編

フロントブレーキ・オーバーホール記 キャリパー編

クラッチマスタシリンダー オーバーホール記

ニュートラルスイッチ交換記

クラッチベアリングシステム導入記

オイル警告灯点灯記

リアフェンダー周り弄り記

ブレーキパッド前後交換(挫折)記

プラグ交換(大騒ぎ)記2

洗車します?記

ウインカーポジションランプ再び記

ブレーキパッドピン交換記

カスタムインテーク作製記

イエローバルブ導入記

USB更新&電源サブハーネスキット接続記

ミラー考察・再交換記

クラッチ・フリクションプレート交換記

スロットル修正記

グリップヒーター装着記

VMAX Tracer・ハンドガード記

ラジエタークーラント交換記

リアトレイ&シートボルトできました記

フロントフォーク脱着記(着+インプレ)

フロントフォーク脱着記(脱)

リアサスペンション交換記

カラーリングちょい変更記

サイドエンブレム調査記

エンジンスライダー装着記

スクリーン・ウインターバージョン装着記

ウインカーポジションランプ適用記

ギア・デフオイル漏れ記 完結編

リチウムイオンバッテリー導入記

ハンドルグリップ交換記

メンテナンスメモ

ブレーキパッド交換記

USB電源取付け記

プラグ交換(大騒ぎ)記

エンジンオイル交換記

純正ハンドル加工記

テールランプ加工(分解)記

ホーン交換(Wホーン化)記

スロットルワイヤー点検記

ブレーキ清掃・点検記

バッテリー充電コード取り付け記

レバー交換記

リアシートボルト変更記

キャリア(フックステー)再製作(してもらい)記

R-ECU装着記

マフラー加工(してもらい)記

ギア・デフオイル漏れ記

ステップバー交換記

エアフィルター交換記

ハンドル交換(失敗)記

ハンドガード装着記

ローシート作製記

自作スクリーン装着記

ウインカー変更(交換)記

ライトケース脱着&ETC(エトセトラ)記

キャリア(フックステー)製作記

テールフェンダー加工記

スタンドフック・ミラー交換記


 

戻る VMAXオーナー編へ戻る