■YAMAHA VMAX1700 オーナー編

 

燃費の状況・10年を過ぎて記

VMAX1700
気分は新車なんですけどね

 

<2019年9月>

そうですか、もう10年ですか(再)

 購入後10年半、総走行距離は7万3千(最近増えてない)

 この辺りで10年乗って燃費がどう変わってきているのか?な話を書いておくとしよう。
#いや、決して他にネタがないというわけでは……(フェードアウト)

※これまでの燃費記事はこちら→ ■燃費考察記 2010/11 17500km
 BLOGだとこちら → ■VMAX1700 最近の燃費

 さて、その燃費。
 一般的には総走行距離が増えると燃費は悪化すると言われている。

 原因は各種クリアランスの拡大とか抵抗の増大とか。
 んじゃうちのVMAXの場合はというと……「な〜んにも変わりませ〜ん」

 ホント、新車時とほぼ同様なのだ。
 正確には購入1年後にR-ECUに入れ替えた直後となのだけれど。

※以下記載の燃費は瞬間的なものではなく、それなりの距離(100km程度)を走った場合の平均値と考えてください。

街乗り

 街中・ショートツーリングでの燃費は平均13Km/L、誤差はせいぜい0.5Km/L
 これでほぼ間違いなし。

 なので最近では「あ〜、そろそろリザーブランプ点くな〜」が判るようになってきた。
※VMAX1700の燃料タンク容量は15L、うちリザーブが4L(=11L消費)

 リザーブランプは面白くて、センサーの関係か車体の前後位置の影響が大きい。
 具体的には、下り坂(前下がり)だと早めに点灯してしまう。
 そして下り終わって平地に戻ると「あー、やっぱ今の無しね!」と消えたりもする。

 この辺りを加味しつつ、そろそろ点くかな?の予想があたるととても嬉しいものだ(笑)

高速道路

 高速でも以前と変わらず。普通に走って15Km/L、抑えると17〜18Km/L
 偶に「よ〜し、おっちゃん今日は頑張っちゃうぞ〜」とやっても街中走りより悪くなることはない。

 おかげで最近では(リザーブ前提で)200kmを給油の目安にすることも増えた。
 高速道路でもガソリンスタンドが少なくなってきた昨今、走れる距離が判っているのは安心できるものだ。尤もこの場合、「何かあったらアウト」なので過信は禁物なのだけれど。

 ちなみに「抑える」のペースは、1.2KS(KousokuSeigen:意訳)前後での巡行走行。
 うちのVMAX(R-ECU)の場合、高速道路ではこの速度域が一番燃費が良い。
 VMAX的にはあまり面白くない速度&回転数なのだけれど、移動と割り切って景色を楽しんで走る分には問題なしだ。

※「頑張っちゃう」のペースは略。(をい)

峠道

 峠を振り回す機会は減っているので今一つはっきりしないのだけれど。(歳)
 それでも以前より悪くなっていることはない。12km/Lは十分に出る。

 使うギアは3、4速あたり。(2速は危ないのであまり使わない)

 低めのギアで回転数を上下させるのは燃費悪化の原因にはなるだろうけれど、それでも後述するストップ・スタートに比べれば影響は小さいようだ。

エンジンストップ・スタート

 エンジンの停止・再始動が燃費に悪影響を及ぼしているのは新車の頃からの話。
 これをやると本当に悪化する。10km/Lなどという数値が平気で出る。

 だから燃費を気にする時(気にしないとならない時)にはなるべくエンジンは止めないのだ。
 四輪では普通になってきたアイドリングストップはVMAX1700では禁物と言えるだろう。

 本来、重量級のVMAXは、ちょい立ち止まって地図確認・スナップ撮影などという時にもしっかりサイドスタンドを立てておきたい。

 だがエンジンが掛かったままのサイドスタンドはいろいろ気を遣う必要がある。だからといって止めると燃費が……と面倒くさい。
 まぁこれも先に書いた通り「燃費を気にしなければならない時」だけなのだけれど。

 ちなみに下り坂の停車では否応なしにエンジンを止める。車体が前に出ないようギアを入れておかないといけないのでね。

 その他

 先のとおり元の車両重量が重量なので、大荷物とかタンデム走行の燃費への影響はほぼ無しとして良いと思う。
 事実、フル積載キャンプ時にも燃費が変わった印象はない。

 総括として

 現状、俺の中では「一般道150km、高速道路200km」が給油タイミングの目安になっている。

 他の車種からすると大分少ないのは間違いない。
 しかもこれも田舎走りでの話、都会住まいのオーナーだと更に厳しい数値になるだろう。
※これがマスツーリングで迷惑になるかどうかは……さて?

 だがまぁ、燃費や航続距離は「そういうものだ」と納得すれば済む話。(俺の場合)VMAXは純粋に趣味の乗り物で合って実用車ではないからだ。

 シートバッグにほぼ常備してある緊急用ガソリン「命の1L」
 幸いにして、これを使わなければならない状況にはまだ遭遇せずにいる。


 

 

 




 

戻る VMAXオーナー編へ戻る