■YAMAHA TOURING SEROW 250 FINAL EDITION メンテナンス編

 

フロントブレーキパッド交換記

フロントブレーキパッド交換記
デイトナ 赤パッド 79821

 

 

garage Ak!rA

 

<2022年6月> 

定番品です

 フロントのブレーキパッドを交換する。

 ツーリングセロー250の総走行距離は11,000km手前
 まだ早い気はするのだけれど、ちょっと覗いたら結構減って見えたので替えてやることに。
 そう、この手の事は思いついた時にやっておかないと、ロングツーリングの直前に慌てるハメになったりするわけですよ。

 銘柄はTOP画像のとおり、俺的定番であるデイトナの赤パッドとした。

 250では初回の交換なので無難なところをチョイス。パッドは他メーカーはもちろん、デイトナだけでも黒とかゴールドとかいろいろあるので今後は検討していくつもりだ。

 さてさてと交換作業。
 フロントキャリパーの脱着等々は以前書いた「ブレーキキャリパー清掃記 フロント編」と同様なので略。

 外したパッドは……「う~ん、やっぱまだ早かったかな?」

旧パッド
切り欠きもはっきりと

 パッドの残量は1.5~2.0mm(場所により差異あり)

 先のサイト記載のとおり、6,000km走行時点で残3mmだったから、そこから5,000km走行で1mmちょい減った計算になる。
 マニュアル上のリミット、0.8mmまで使うとすればもう3~4,000kmは走れそう。でもまぁ、このくらいは安心料と考えても良いだろう(と自分を納得させる)

 新品の赤パッドの厚みは4.5~5.0mm
 純正と同じくらいの減りかどうかは今後検証と言うことで。

新旧パッド比較
こうしてみるとさすがに厚さが違います

 それではパッド交換を……の前にキャリパー側の清掃を。

 これまた先のサイトのとおりなのだけれど、シリコングリスを塗っておいたおかげかあっという間にピカピカになってくれてとても嬉しい。

掃除前
掃除前

掃除後
掃除後

 キャリパーのピストンは揉みながらゆっくりと戻す。
 新パッドを面取りしてセット。スライド部への給脂も忘れずに。

新パッド
よしよし

 キャリパーを車体へセットして、忘れずレバーの遊びをとって交換作業が終了となる。

 さて、225の時も使っていた赤パッドだけれど、250だと感触は変わるだろうか?

リアパッド
ちなみにリアはまだまだ新品並みでした



 

 

 

■ご注意■
 当サイト内における整備・メンテナンス・操作は素人の手によるものであり、かつその記述内容には誤り、思い違い、記載漏れ等のある可能性があります。
 この為、説明を真似て作業した場合でも、故障、事故、怪我等の危険性があります。
 このようなトラブルにつき管理人は一切の責任を負いません。作業は個人の責任においてのみ行ってください。

■ SEROW250 コンテンツ一覧 ■

 セロー250 年式・型式編 

 250-225相違編 

 オーナー編 

 メンテナンス編 

フロントブレーキパッド交換記

ツーリングセローにシングルサイドバック記

レバーガードとハンドルカバー記

エキパイヒートガード・ボルト考察記

磁石付きドレンボルト購入記

イリジウムプラグ交換記

フロントホイール脱着記

リアアクスルシャフト逆刺し記

ブレーキキャリパー清掃記 リア編

ブレーキキャリパー清掃記 フロント編

スイングアームピボット・ベアリング挿入記

スイングアーム脱着記

リアホイール脱着記

基本!ワイヤー注油記

スーパーゾイル導入記

カムチェーンテンショナー確認記

タペットクリアランス確認記

セローからの異音まとめ記

エアフィルター交換……不要記

アドベンチャースクリーンに酒キャップ再び記

ハンドルカバー再び記

オフロードミラー交換記

異音?ちょい気になる音観察・対応記

SP忠男・パワーボックス装着記

いろいろ発見エンジンオイル・フィルター交換記

マップケース作成記

アドベンチャーキャリア拡張、追加サポート作製記

LEDリフレクタ(反射鏡)ブレーキランプ連動記

サイドスタンドエクステンダー・スタンド先端拡大記

工具入れ・ツールボックス追加装着記

ハンドルアップ・ハンドルライザー装着記

テールランプ変更記

ステップ変更・ワイドステップ化記

ハンドルアップ&ヘルメットロック移設記

常設アルミ箱積載記

アドベンチャーキャリアにフック取付記

タンク脱着とUSB充電取付記

アクセサリ電源取付記

全部シリコンコーティング&外装確認記

クイックリリース・ファスナー加工記

純正車載工具確認・追加記


 

戻る SEROW250へ戻る