■YAMAHA TOURING SEROW 250 FINAL EDITION メンテナンス編

 

アドベンチャースクリーンに酒キャップ再び記


アドベンチャースクリーンに酒キャップ再び記
出オチ完了!


 

 

garage Ak!rA

 

<2021年1月> 

インターミッションということで

 「TOPの画像が全て!以上!」ってのは4年半前にも書いたのだけれど。

 セロー225の時にも付けていたアドベンチャースクリーン。
 こいつの鳥居のキャップの差し込みが甘くて気づくと無くなっているのだけれど、ここに日本酒のキャップがばっちりハマる……なんて話はこちらからどーぞ。

→・アドベンチャースクリーン・キャップ代用記

 そしてもちろん、今のセロー250に付けないという選択肢など無いのだよ!

 まずは確認。

 なるほど、ツーリングセロー(最終型)の鳥居キャップは、かなりしっかりしたものに変わっていた。
 いつ頃から変わったのかは不明だけれど、これなら簡単に抜けてなくなることはなさそうだ。

アドベンチャースクリーンキャップ
先のコンテンツの画像と比較してください

 さて、んで交換する日本酒キャップ。

 セロー225では久保田と霧島という日本酒・焼酎の二大巨頭(?)だったけれど、酒も旨い栃木県の民(たみ)としては地元の銘柄も外せないところ。

 今回選んだのは、四季桜(宇都宮酒造:宇都宮市)と鳳凰美田(小林酒造:小山市)だ。

酒キャップ
両方とも美味しいお酒です

 ちなみに両方とも今年の正月に空けたもの。
 いや、ホラ、生酒は基本呑みきらないといけないから、平時(?)にはなかなか買えないわけで。

鳳凰美田
それに手に入れるの結構難しいし

 他にも東力士とか惣誉とか仙禽とか、地元ならではの選択肢があったのだけれど、日本酒の一升瓶ってそうそう数は買えないからねぇ。
※その割に225の時にはかなりのキャップ画像があったような

 交換作業は語ることもなし。
 外してハメるだけ。

右に四季桜
右に四季桜

左に鳳凰美田
左に鳳凰美田

 キャップはバーよりやや太いけれど大勢に影響なし。

正面から
むしろこっちの方が落ち着くような気も

……というわけで、カスタマイズとは呼べないカスタマイズ完了。

 「あ~、これで安心したぁ……」(?)



 

 

 

■ご注意■
 当サイト内における整備・メンテナンス・操作は素人の手によるものであり、かつその記述内容には誤り、思い違い、記載漏れ等のある可能性があります。
 この為、説明を真似て作業した場合でも、故障、事故、怪我等の危険性があります。
 このようなトラブルにつき管理人は一切の責任を負いません。作業は個人の責任においてのみ行ってください。

■ SEROW250 コンテンツ一覧 ■

 セロー250 年式・型式編 

 250-225相違編 

 オーナー編 

 メンテナンス編 

スーパーゾイル導入記

カムチェーンテンショナー確認記

タペットクリアランス確認記

セローからの異音まとめ記

エアフィルター交換……不要記

アドベンチャースクリーンに酒キャップ再び記

ハンドルカバー再び記

オフロードミラー交換記

異音?ちょい気になる音観察・対応記

SP忠男・パワーボックス装着記

いろいろ発見エンジンオイル・フィルター交換記

マップケース作成記

アドベンチャーキャリア拡張、追加サポート作製記

LEDリフレクタ(反射鏡)ブレーキランプ連動記

サイドスタンドエクステンダー・スタンド先端拡大記

工具入れ・ツールボックス追加装着記

ハンドルアップ・ハンドルライザー装着記

テールランプ変更記

ステップ変更・ワイドステップ化記

ハンドルアップ&ヘルメットロック移設記

常設アルミ箱積載記

アドベンチャーキャリアにフック取付記

タンク脱着とUSB充電取付記

アクセサリ電源取付記

全部シリコンコーティング&外装確認記

クイックリリース・ファスナー加工記

純正車載工具確認・追加記


 

戻る SEROW250へ戻る