■YAMAHA TOURING SEROW 250 FINAL EDITION メンテナンス編

 

磁石付きドレンボルト購入記

磁石付きドレンボルト購入記
デイトナ リプレイスドレンボルト マグネット付(スチール製)

 購入   交換 NEW

 

 

garage Ak!rA

 

<2021年9月> 購入

タイトルが「購入」記である理由とは

 エンジンオイルのドレンボルトを磁石付きに交換すべく購入する。

 空冷単気筒でオイル容量も多いとは言えないセローシリーズ。
 225の時には、毎回フィルターに引っかかる金属様のモノに戦々恐々としていたものだ(そうか?)
 さて、250ではどうだろう?

 ここまでの(自分では)2回のオイル交換でさほど気になる事は無かったのだけれど、巷には強力な磁石付きのドレンボルトが出回っている。
 価格もさほどではないし、交換して何か付いてくるか・こないか確認してみるとしよう!

……というレポートを、今年の北海道ツーリングに行く前に書くはずだったのだ。

 北海道行き前に行ったオイル交換。この時に交換すべく買ってきておいた磁石付きドレンボルト。

 ドレン外してオイルが抜けて、さて交換と比べると……「違うじゃん!サイズ違うじゃん!」

 購入してきたのはM14、だが外した純正はM12だったのだ。

 サイズなど購入前に確認するのが当然の話。だが事前の調査では、何故か「セロー250のドレンボルトのサイズ」がどこを探しても見つからなかった。

 店頭のメーカーパンフレット(ドレンボルトやらワッシャやらフィルターやらのメーカー)にも記載なし。
 WEBには無いでもなかったけれど、信用できるか否かはサイト次第。
 実車はもちろん、外すとオイルが抜けてしまう。
 結果、「実物に"ヤマハ用"って書いてあるのはコレしかないから大丈夫だろ」と買ってしまったのだ。

<後日追記>
……と書いたのだけれど、よくよく考えると初回のオイル交換時に自分で
「ワッシャは立派な銅製だった。サイズは外形19mm、内径12mm
とか書いていたり。
 あっはっは、すっかり忘れていたわ(呆)

 いずれにせよこれは完全に俺のミス。罰として楽しみにしている金曜日夜のビールがしばらく「本物」から「第三のビール」へと変更された。
#金曜日以外はいつも第三のビールだよ!

……というわけで、その時のオイル交換には純正ボルトを元通り装着して終了となった。

 後日、改めてボルトを購入。もちろんM12サイズだ。

ドレンボルト2つ
M14とM12

 サイズは、M12×12、P1.5
 M12ボルトで長さが12mm、ネジピッチが1.5mmとなる。

 材質はスチールをチョイス。アルミ製もあるのだけれどやはりナメが心配だ。

※ネジキリの事を考えるとアルミの方が安心(オイルパンに負けてくれるので)という考え方もあるのだけどね。

 ちなみに、先に外した際測っておいたセロー250純正ドレンボルトのサイズは、M12×15、P1.5というあたり(ノギス計測なので誤差あり)だ。

 だから(買ってから気づいたのだけれど)M12×14、P1.5というサイズの方がセローには合うかもしれない(遅)

サイズ表
サイズ表

……というわけで、購入しなおしはしたものの、実際の使用・感想はしばらくお預けという事で。

 それにしてもたかがドレンボルトにこんなにあたふたさせられるとは思わなかった。
 やはり何事も油断してはいけないんだねぇ……いや、まったくをもって穴ドレン!(どっとはらい)

<続く>

<2021年10月> 交換

やっと交換です

<続き>

 北海道ツーリング緊急事態宣言解除記念ツーリングも終わり、さてさてとオイル交換。
 さあ、やっとドレンボルトが交換できるぞ。

 外したドレンボルトと新しいボルト。念のために確認する。

ボルト比較
左:新(磁石付き)、右:現(純正)

 内径とネジピッチは問題なし、だがやはり全長がちょい短かった。
 でもまぁ、実用上は問題ないだろう(多分)

噛み合わせて確認
こうすると長さの違いが分かり易く
(そしてピッチの確認にも)

 画像を見てもらうと判るのだけれど、ボルト頭の大きさが変わり、使用するレンチは12mmから14mmへと変わった

 ナメ防止には良いけれど、ネジ切りには要注意……かな?

 オイル交換自体は滞りなく終了。
 さて、磁石付きドレンボルトに交換して、実際に「何が」「どれくらい」付くか、次回交換時に確認するとしよう。

<続く>



 

 

 

■ご注意■
 当サイト内における整備・メンテナンス・操作は素人の手によるものであり、かつその記述内容には誤り、思い違い、記載漏れ等のある可能性があります。
 この為、説明を真似て作業した場合でも、故障、事故、怪我等の危険性があります。
 このようなトラブルにつき管理人は一切の責任を負いません。作業は個人の責任においてのみ行ってください。

■ SEROW250 コンテンツ一覧 ■

 セロー250 年式・型式編 

 250-225相違編 

 オーナー編 

 メンテナンス編 

イリジウムプラグ交換記

フロントホイール脱着記

リアアクスルシャフト逆刺し記

ブレーキキャリパー清掃記 リア編

ブレーキキャリパー清掃記 フロント編

スイングアームピボット・ベアリング挿入記

スイングアーム脱着記

リアホイール脱着記

基本!ワイヤー注油記

スーパーゾイル導入記

カムチェーンテンショナー確認記

タペットクリアランス確認記

セローからの異音まとめ記

エアフィルター交換……不要記

アドベンチャースクリーンに酒キャップ再び記

ハンドルカバー再び記

オフロードミラー交換記

異音?ちょい気になる音観察・対応記

SP忠男・パワーボックス装着記

いろいろ発見エンジンオイル・フィルター交換記

マップケース作成記

アドベンチャーキャリア拡張、追加サポート作製記

LEDリフレクタ(反射鏡)ブレーキランプ連動記

サイドスタンドエクステンダー・スタンド先端拡大記

工具入れ・ツールボックス追加装着記

ハンドルアップ・ハンドルライザー装着記

テールランプ変更記

ステップ変更・ワイドステップ化記

ハンドルアップ&ヘルメットロック移設記

常設アルミ箱積載記

アドベンチャーキャリアにフック取付記

タンク脱着とUSB充電取付記

アクセサリ電源取付記

全部シリコンコーティング&外装確認記

クイックリリース・ファスナー加工記

純正車載工具確認・追加記


 

戻る SEROW250へ戻る