■YAMAHA TOURING SEROW 250 FINAL EDITION メンテナンス編

 

タペットクリアランス確認記


タペットクリアランス確認記
カチカチ音だったらここなんですけどね


 

 

garage Ak!rA

 

<2021年3月> 

調整するのは大変ですが

 セロー250のタペットクリアランスを確認する。

 今のところアイドリング時にタペット音が聞こえることはないし、何よりまだまだ総走行4,500km。
 確認する必要などまったくないのだけれど、例の音がどうにも気になる今日この頃。
 思いついた時に思いついた事から確認してみるとしよう。

 ちなみにセロー225の時のタペット調整(してないけど)はこちらから。

バルブクリアランス(タペット音)確認記

※そういえば「バルブクリアランス」と「タペットクリアランス」はどちらが正しいのだろう?同じかな?

準備

 タペットクリアランスはエンジンが完全に冷えている時に測る必要がある。
 なので前走行から24時間以上経過していると安心できる。
※なのでバイク屋に頼むと日帰りができない。

 必要な特殊工具は「シックネスゲージ」
 いろいろな種類がある(はず)なので自車の測定に合ったものを。

 そしてもちろん「サービスマニュアル」もお忘れなく。

シックネスゲージ
久々の出番

 外装をいろいろ外してタンクも外し、ぐるっと回してシートレール上に乗せておく。
 これだとチューブ系の外しが最小限で済む……ってのは以前書いた通り。(書いたよな?)

タンク移動
ガソリンのオーバーフローに注意
(ああパンツがパンツが……)

上死点合わせ

 計測のためにはピストンを上死点に移動させる必要がある。
 手順はこれまた先の225コンテンツで記載済みだし、250でもほぼ同じなので以下簡単に。

 エンジン右上のカムスプロケットカバーを外す。
 ついでにプラグを外しておくと(圧縮が抜けるので)何かと楽だ。

カムスプロケットカバー
ボルトは2本だけ、上にパイプが付いているので外したあとの保持がちょい面倒

プラグ状態
プラグはちょい白いかな?極薄燃焼だからこんなものかも

 エンジン左側。
 クランクケースに付いたカバーボルトを2つ外す。コインドライバー万歳

カバー
マイナスが切られている大小ボルト(カバー)を外します

 下の穴(大)に14mmソケットを差し込み、クランクを回し、上の穴(小)に現れるマークを切り欠きに合わせる。ここがピストンの上死点だ。

上死点位置確認
ややズレて見えますが、それはカメラが斜めだから

 この状態でエンジン右側へと回り、カムスプロケットのマーク(|)がエンジン側のマーク(▽)と合っている事も確認する。

※合う=カムの位置がOK

カムスプロケット確認
ややズレて見えますが、それはカメラが(略)

 もちろんドンピシャリ。ってか走行4,500kmでズレてたら大事(おおごと)だわ。

クリアランス確認

 さて、それではここからが本題のタペットクリアランス。
 排気側、吸気側と2か所をチェックする。

 まずは排気側

タペットカバー排気側
こちらが排気側カバー

 カバーのボルトは24mm。スペースが無くてオフセットのあるスパナは入らない。

 なので俺は工具箱に転がっていた板状工具を使って緩めた。
 これ、何かの純正工具だったと思うんだけど、やっぱ工具の類はとっておくものだねぇ。

板状スパナ
年季の入ったスパナと延長パイプ

 測定はシックネスゲージで行う。
 タペットの隙間にゲージを差し込み、そのクリアランスを測るのだ。

タペットクリアランス測定
こんな感じに

 サービスマニュアルによれば、セロー250ファイナルエディションの排気側クリアランスは0.10~0.15mm

 0.10mmのゲージは差し込めて、0.15は入らない。なので問題なし。
 手ごたえ的には0.10mm寄りのようだった。 

 吸気側はこちら。
 スペース的にはこちらの方が楽だ。

タペットカバー吸気側
こちらにはオフセットメガネレンチが使えます

 同様に確認する。

 指定値は0.05~0.10mm
 0.05mmのゲージは入って、0.10は入らない。問題なし。

 というわけでタペットクリアランスは全くをもって正常、問題なしだ。

 うーむ、正常だったか。

 まぁ新車だしなぁ。走行4,500kmでズレてたら大事(おおごと)だわ(再)



 

 

 

■ご注意■
 当サイト内における整備・メンテナンス・操作は素人の手によるものであり、かつその記述内容には誤り、思い違い、記載漏れ等のある可能性があります。
 この為、説明を真似て作業した場合でも、故障、事故、怪我等の危険性があります。
 このようなトラブルにつき管理人は一切の責任を負いません。作業は個人の責任においてのみ行ってください。

■ SEROW250 コンテンツ一覧 ■

 セロー250 年式・型式編 

 250-225相違編 

 オーナー編 

 メンテナンス編 

スーパーゾイル導入記

カムチェーンテンショナー確認記

タペットクリアランス確認記

セローからの異音まとめ記

エアフィルター交換……不要記

アドベンチャースクリーンに酒キャップ再び記

ハンドルカバー再び記

オフロードミラー交換記

異音?ちょい気になる音観察・対応記

SP忠男・パワーボックス装着記

いろいろ発見エンジンオイル・フィルター交換記

マップケース作成記

アドベンチャーキャリア拡張、追加サポート作製記

LEDリフレクタ(反射鏡)ブレーキランプ連動記

サイドスタンドエクステンダー・スタンド先端拡大記

工具入れ・ツールボックス追加装着記

ハンドルアップ・ハンドルライザー装着記

テールランプ変更記

ステップ変更・ワイドステップ化記

ハンドルアップ&ヘルメットロック移設記

常設アルミ箱積載記

アドベンチャーキャリアにフック取付記

タンク脱着とUSB充電取付記

アクセサリ電源取付記

全部シリコンコーティング&外装確認記

クイックリリース・ファスナー加工記

純正車載工具確認・追加記


 

戻る SEROW250へ戻る