■YAMAHA VMAX 1700 (VMX17) メンテナンス編

 

滑るグリップ(ヒーター)対応記

滑るグリップ(ヒーター)対応記
熱収縮カバー装着


 

 

garage Ak!rA

 

<2022年9月>

なんとかしましょう

 VMAX1700のグリップが滑るのだ。

 きっかけは昨年末購入したRSタイチの冬グローブ
 走るとグリップが滑って手が疲れる。特に高速道路で顕著。「グローブの素材とグリップヒーターの相性が悪いのだろうな」とその時は書いたのだけれど。

 今年の夏、おりゃおりゃおりゃと走り回って、これまた変に手が疲れることに気が付いた。
 この時のグローブはメッシュ、もちろん昨年までは何も感じず。
 「こりゃいよいよグリップが(すり減って)ツルツルになってきたんだろうなぁ」

 ホンダのスポーツグリップヒーターを取り付けたのは2015年
 距離的にはさほど走っていない(?)けど、経年的にいろいろ出てきても不思議ではない。

 ちょい調べてみると「ホンダのグリップヒーターが滑る!」というのは結構ありがちな現象のよう。
 先達も多く、対処法もいくつかある様子。なら俺も考えてみるとしようか。

という辺りはBLOGでも報告済み

 とりあえずと探したのは、上記BLOGにも書いた熱圧縮カバーだ。

 作業簡単、グリップヒーターへの影響最小、何よりお手軽価格。
 「うん、まずはこれからだな」

     
※これまたBLOGに挙げた例

購入・取付

 さくっと購入。

 購入した品のサイズはφ40、200mm

 直径的にはグリップの外径が31.6mmだったはずだから圧縮すると丁度良いだろう。
 長さは半分に切ると100mmでちょい足りない(現グリップは120mm?)けれど、これは現物に合わせてからということで。

 実測での厚みは0.4mmというあたり。つまり巻くと0.8mm太くなる計算だ。

 グリップヒーターの購入時に「太いのは嫌だ~っ」と騒いだとおり、俺的に握った感覚はとても気になるところ。
 熱を加えるとさらに厚くなるのか、それとも薄く感じるか。これも出来上がってから検証ということで。

熱収縮カバー
よく見る柄ですね

 早速半分に切って現物合わせ。

 うん、このままでも大丈夫かな。あまりに短ければもう半分にして、グリップの両端に分けて貼ろうと思っていたのだけれど。(グリップの真ん中は握らない・使わないからね)

長さぴったり
というかむしろぴったりサイズでは

 ああ面倒だ面倒だと呻きながらハンドガードを外し(自業自得)カバーを被せる。

 片手で軽く押さえたら、ヒートガンの出撃だ。

ヒートガン
久々の出動

 配線の熱収縮チューブ同様、みるみる縮んでいくカバー。

 尤も太さが太さだけにこれはヒートガンでないと厳しいかもしれない。配線用ならライターで充分なのだけれどね。
 「うん、割ときれいに取り付けられたな」

貼り付け完了
綺麗に仕上がりました

 どれどれと握ってみる。

 心配だった握り心地は、未処理の右側と比べると若干太く感じる……かな?くらいの感じ。
 これなら操作性への影響も少なそうだ。

 それではと右側も同様に処理して、ハンドガードを戻す前にせっかくだからとレバーバラして給脂して、ワイヤーバラして給脂して。ああ面倒だ面倒だ……(自業自得)

取付完了
左右の柄位置を合わせて取り付けました(自己満足)

実走行

 某日テスト走行……と言いつつ、箱根まで出かけ、丸1日かけてトータル600km、うち500kmは高速道路とがっつり走ってみる。

大観山
素敵な天気の1日でした

 まずは握った時の太さ

 装着時同様、「ちょい太くなったかな?」くらいの印象だ。
 そこそこの峠道(椿ライン下り)をブリブリ走りもしたのだけれど、スロットルワークで気になることはなかった。夕方には意識しなくなっていたから「影響なし」としても良いだろう。

 そしてそもそもの原因、肝心のグリップ感

 「思っていた程ではなかった」というのが正直な感想だ。
 もっとビッタリくるかな?と思っていたのだけれど。

 グローブは前回同様のメッシュ。もちろん滑り自体は減って、高速道路でも前回並みに手が疲れることはなかった。
 ただ「引っ掛かり」が少ない。
 カバーがグリップ全体を包み込んでしまい「溝」が無くなったからだ。

 カバーのX型の模様が溝代わりになれば良いのだろうけれど、そこまでの引っ掛かりは得られなかった。
 「もう少しここに凹凸があれば」とも思うけれど、そうすると全体を太く感じてしまうかも。

 ★

……というわけで、「良くはなった、でも満足まではもう少し」な結果となった。

 この先寒くなったら、先の冬グローブとの相性と、グリップヒーターの熱伝導を確認しようと思う。
 あとは耐久性がどうなのかも。
※皺が出たり端が千切れたりしないかどうか

 もちろんこのまま使い続けるのだけれど、似た商品は多数あるのでいろいろ試すのも面白そうだ。
#そう、お手軽価格だしね(重要)



  

 

 

■ご注意■
 当サイト内における整備・メンテナンス・操作は素人の手によるものであり、かつその記述内容には誤り、思い違い、記載漏れ等のある可能性があります。
 この為、説明を真似て作業した場合でも、故障、事故、怪我等の危険性があります。
 このようなトラブルにつき管理人は一切の責任を負いません。作業は個人の責任においてのみ行ってください。

■ VMAX1700 コンテンツ一覧 ■

 スタンダード編 

 中古車編 

 オーナー編 

 メンテナンス編 

滑るグリップ(ヒーター)対応記

リチウムイオンバッテリー交換・賞賛記

リアバッグ更新&リアトレイ2作製記

エアフィルター&バッテリーチェック記

ホイールベアリング交換記・後輪編の2

ホイールベアリング交換記・後輪編の1

ホイールベアリング交換記・前輪編

スロットル再調整、のつもりが?記

フロントブレーキ・オーバーホール記 マスターシリンダー編

フロントブレーキ・オーバーホール記 キャリパー編

クラッチマスタシリンダー オーバーホール記

ニュートラルスイッチ交換記

クラッチベアリングシステム導入記

オイル警告灯点灯記

リアフェンダー周り弄り記

ブレーキパッド前後交換(挫折)記

プラグ交換(大騒ぎ)記2

洗車します?記

ウインカーポジションランプ再び記

ブレーキパッドピン交換記

カスタムインテーク作製記

イエローバルブ導入記

USB更新&電源サブハーネスキット接続記

ミラー考察・再交換記

クラッチ・フリクションプレート交換記

スロットル修正記

グリップヒーター装着記

VMAX Tracer・ハンドガード記

ラジエタークーラント交換記

リアトレイ&シートボルトできました記

フロントフォーク脱着記(着+インプレ)

フロントフォーク脱着記(脱)

リアサスペンション交換記

カラーリングちょい変更記

サイドエンブレム調査記

エンジンスライダー装着記

スクリーン・ウインターバージョン装着記

ウインカーポジションランプ適用記

ギア・デフオイル漏れ記 完結編

リチウムイオンバッテリー導入記

ハンドルグリップ交換記

メンテナンスメモ

ブレーキパッド交換記

USB電源取付け記

プラグ交換(大騒ぎ)記

エンジンオイル交換記

純正ハンドル加工記

テールランプ加工(分解)記

ホーン交換(Wホーン化)記

スロットルワイヤー点検記

ブレーキ清掃・点検記

バッテリー充電コード取り付け記

レバー交換記

リアシートボルト変更記

キャリア(フックステー)再製作(してもらい)記

R-ECU装着記

マフラー加工(してもらい)記

ギア・デフオイル漏れ記

ステップバー交換記

エアフィルター交換記

ハンドル交換(失敗)記

ハンドガード装着記

ローシート作製記

自作スクリーン装着記

ウインカー変更(交換)記

ライトケース脱着&ETC(エトセトラ)記

キャリア(フックステー)製作記

テールフェンダー加工記

スタンドフック・ミラー交換記


  

戻る VMAXへ戻る