■バイク用品・関連品レポート、インプレッション

 

ワークマンメッシュジャケット+α購入記

ワークマンメッシュジャケット+α購入記
WORKMAN RD101
CORDURA EURO(コーデュラユーロ)デュアル3Dメッシュジャケット

 購入   走行   走行2 NEW

 

 

garage Ak!rA

 

試してはみたものの

 「わーい、ワークマンからパッドの入る安価なメッシュジャケットが出たぞ!真夏のお気楽チョイ乗りにぴったりだぞ!」

 そう、このコンテンツはこう書いて終わるはずだったのだ。

 かねてからメッシュジャケット不要論を説いてきた俺。

 だがここ数年の夏の暑さは尋常ではなく、3シーズンパーカーでは熱中症も危ぶまれるほど。
 それではと棚の奥に眠っていたメッシュジャケットを復活させたのも過去コンテンツのとおり。

 ロングツーリングは別としてのホントのちょい乗り。
 街中への買い物とか給油とか、Tシャツ1枚で出かけたいけれど大通りを通るしなぁ?な時に気軽に羽織れるパッド入りジャケットが1枚あると便利なのは間違いない。
 なので、先のワークマンのジャケットを見つけた時は大変に喜んだ!のだけれど……

「……まずはこちらをご覧ください」

サイズ表記3L
サイズ表記も皓々と

 「3Lだよ3L!生まれて初めて買ったサイズだよ!」

 どこのメーカーでも「JPN L」でほぼぴったりの俺の体形。
 ごく一部のメーカー、もしくはスリム形状をうたうモデルではきつく感じる事もあるけれど、これまでの例をみるにワークマンであればLサイズで丁度良いはずだった。

 ところがまぁ、店で試着して驚いた。着られはするもののピチピチだったのだ。

 ファスナーを上げると胸も腹も腕もパンパンに。「これ自転車用なんじゃ?」と疑うほど。
※自転車(ロードバイク)ウエアは空力を考慮しピチピチになるのが標準形。

 首をかしげながらLLにチェンジ。
 すると若干余裕はできるものの、バイク用として最も重要なパッドの入るスペースが無い。
※ウエアにはパッドは付属しておらずポケットのみ。

 肩や肘、ポケット位置のウエアの隙間はごく僅か。ここに厚いパッドを入れられるとは到底思えなかった。
 「なんだよこれ!サイズ感メチャメチャじゃないのかよ!」

 バイク用として売られ、パッド用ポケットが準備される以上、それ(パッドセット後)を含めてサイズ設計されるはず。だがこのモデルにはそれらがまったく感じられなかった。
 通常一番先に無くなるはずのLサイズがそこそこの数残っていたのはこれが理由だったのだろうか。
 「おかしいなぁ?このジャケット、バイク用として監修されてたんじゃなかったっけ?……」

……というわけで、その他いろいろあった上で(後述)3Lという名目だけは巨大なサイズを購入したわけなのだけれど。


 自宅にて、それではと手持ちのパッドをセットしようとして気づく。「入らん……」

 パッドポケットが小さすぎるのだ。

 俺的標準のコミネパッドは、肩も肘も入らず。
 他の手持ちパッド各種も試したが同様だった。先の隙間スペース以前にポケットの大きさ自体が違うのでどうにもしようがない。入らないものは入らナイ!のだ。

肩パッド
無理やり曲げて突っ込んでみたコミネの肩パッドSK-636

肘パッド
こちらは突っ込むことすらできなかった肘SK-635

 正確には「入らナイ」というより「機能しない」だろう。ポケット内側のメッシュがビンビンに張ってしまい腕が入らないわけだから。

 バイク用として売られるジャケットでパッド付属でないのなら、世に出ているバイク用パッドのサイズに合わせてポケットを作るはず。そしてどんなパッドでも入るよう大きめに作られるように思うのだけれど。
 「このジャケット、バイク用として監修されてたんじゃなかったっけ?」(再)

#「価格が価格だから」とも思ったのだけれど、ポケットのサイズで原価が上がるとは思えないし、デザインに影響するとも思えないんだよな。

 ぐぬぬと呻いてみたものの対策なし。

 結果的に、ラフアンドロードのメッシュパッドセットいつぞやの脊椎パッドと同シリーズ)を新規購入し、ポケットに合わせて切る羽目になった。(これがタイトルの+α分)

<余談>
 どうせ買い足すなら前世が甲殻類の俺的には固いコミネパッドの方が安心できる。そしてこちらもカットできないわけではない。でもメッシュジャケットだからやっぱ風の通る方が良いよねとメッシュパッドを選択した。
 いずれにせよ他との使いまわしはできなくなるわけだからね。

メッシュパッドセット
ラフアンドロード エアスルーパッドセット、RR10034
「レース競技専用品」とあって首をかしげるのはいつぞや同様

パッド比較
先のコミネパッドとの比較
但し見た目のサイズより硬さとか厚みの影響の方が大きい

カット前後
実物合わせでカットした後(各右)

脊椎パッド
脊椎パッドのカット量はこれくらい

 うんうん呻きながらなんとか各パッドを収めることができて一安心。

 というわけでこのジャケット、本体価格は4K円弱だけれど(手持ちの有無と関係なしに)パッド代2K~4K円がプラス必要と考えた方が良さそうだ。

……とまぁ、いろいろ首をひねる部分があったのだけれど、これだけ書いておけば来シーズンに改訂版が出るのは間違いなし。(をい)

 名目だけ大きなサイズは既に品薄にもなっているので、興味ある方は来年まで待つことをお勧めします。(半分洒落で半分マジ)

 ともあれ、パッドは別と割り切った売り方は俺は好きだ。
 形ばかりで実質使えないモノを付属して価格が上がるよりは、すっぱり切って安価にしてくれる方がありがたい。
 それに「専用部分は専用メーカーに」というのはオートバイのサスペンションやらブレーキやらでも同じわけだから。

取り外したもの
「だからこンなのも付けなくていいのに……」とフードと小物入れを取り外す
(小物入れは後で使うかも)

 トップ画像のとおり、ジャケットのデザインは悪くない。派手ではないがそこが良い。
 先述のとおりこれでロングツーリングに行くわけではないのだ。

 耐久性やらなにやらもあまり気にならず。価格的にそこまで求めるべきではないし、繰り返すけれどこれはあくまでもご近所散歩用なので。

※このジャケットはファスナーで袖を取り外し半袖にすることができる。つまり考えられている強度もそれくらいなのだろう。

 さて、ワークマンには(公式通販サイトで購入しての)近隣店舗受け取り、または店舗在庫の検索・取り置きという素敵システムがある。
https://workman.jp/shop/default.aspx

 今回の3Lサイズの調達も、近隣店舗&WEBでは見つからなかったので上記取り置きでお願いした。
 とても便利なシステムなので今後も重宝させてもらおうと思っている。
※と、フォロー(コラ)

 実際に着て走るとどんな印象になるかは今後検証という事で。
 そう、暑くないとメッシュジャケットのテストにならないのだけれど、あまり暑くなられるとそれはそれで困るんだよねぇ。

<続く>

走ってみました

<続き>

 某日、それではと実際に使ってみることに。

 比較的気温が高い日ではあったのだけれど、梅雨中なので最高気温は30度を下回る。熱波下のテストにはならないが、湿度は高いから参考にはなるだろう。

 そしてせっかくの機会なので、ジャケットの他にパンツブーツもワークマンで揃えてみる。

フルワークマン
「良い子のみんな!私がワークマンだ!」
(ブーツの先端が汚れてるけど)

フルワークマン2
バックビュー

 あらためて袖を通してみると、袖丈はやはり長い(3Lだから)
 ついでにジャケット裾も長い(3Lだから)
 でもまぁ、バイクに乗るのにはさほどの影響はないだろう。

 中に着ているのはカドヤのヘビーオンス黒Tシャツのみ。
 「透けるかな?」の心配は無用のよう、これなら白いシャツでも大丈夫そうだ。

 セローでパタパタと走り出す。
 先のとおり気温はさほどではない。それだけに風が当たるのが良く判る。

 そして当たるのは良いのだけれど、背中から抜けていく感じが少ない。これは入れてあるパッドのせいなのだろうか?
 前ファスナーを開ければさすがに風は通って行くのだけれど、無防備になったのどぼとけに虫が当たるととても痛いものだ。

 走っていて気になったのは肩パッドの位置
 ライディングポジションをとるとパッドが前に出て、後ろ・背中側がまったくカバーされていない感じになる。これが大変に心配なのだ。
 パッドポケット拡大の際には是非後ろ側を広くしてください。(誰に頼んでいるんだか)

  そしてこれはジャケットのせいではないけれど、肩と肘のメッシュパッドがやはり薄めに感じてこれまた不安になる(前世甲殻類)
 「やっぱりプラスチックパッド(をカットして)入れようかな……」

……と、近所を80km程走って帰宅。

 いくつか気になるところはあるけれど、価格と使用目的を考えると十分に合格点。
 もちろんパーカーより涼しいのは間違いなし、今年の夏のちょい乗りでは活躍してくれるはずだ。

走ってみましたの2

 そして季節は真夏に……にはちと早いのだけれど。
 気温35度下で走る機会があったので感想を書いておこう。

 あチぃあチぃ騒ぎながら走った印象は、全体的には前回と変わらず。
 一番気になったのはやはり背中で、肩甲骨の内側に熱気が溜まる感じになった。

 パッドに更なる穴をあけようかとも思ったのだけれど、そもそも脊椎をカバーするためのパッドなわけだし、これが原因で熱中症になることもないだろうととりあえずは放置とした。
 ここはこの先何度か使ってみてから再考ということで。

 この日のような炎天下だと、腕に陽が当たらない分、Tシャツより快適と言えるかもしれない。
 半袖だと手首と二の腕に日焼けの境目がくっきりできてしまうしねぇ。 

 そして今回気づいたのが、ジャケット本体が柔らかい(&入れてるパッドも柔らかい)ので、出先で脱いでも小さくまるめられるということ。

 セローの常設ボックスにもなんなく収まる。
 3シーズンパーカーでもボックスには入るのだけれど、余裕が大分違う。街中買い物の際には重宝するかもしれない。

 あとは、夏専用だけに洗濯等々の件。
 まだ洗ってはいないのだけれど、ざぶざぶやるとどうなるか、今後検証だ。

……というわけで、予想通り便利に使えている。

 それにしても7月頭から(というか6月後半から)最高気温35度越え連続の異常気象。
 本格的な夏にはいったいどうなってしまうのやら。



 

 

■ご注意■
 当サイト内における整備・メンテナンス・操作は素人の手によるものであり、かつその記述内容には誤り、思い違い、記載漏れ等のある可能性があります。
 この為、説明を真似て作業した場合でも、故障、事故、怪我等の危険性があります。
 このようなトラブルにつき管理人は一切の責任を負いません。作業は個人の責任においてのみ行ってください。

■ 備品・用品・エトセトラ 一覧 ■

 購入・利用・使用感

皮革オイルとラナパー記

ワークマンメッシュジャケット+α購入記

膝ポケット付ワークマン夏用メッシュパンツ購入記

パンク修理剤確認・補給記

防水コンバットシューズ購入記

グローブ・スマホタッチ加工記

RSタイチ・ウインターグローブ購入記

ワークマンショートブーツ購入記

(懲りずに)膝ポケット付ワークマン冬パンツ購入記

ブーツカバー購入記

雨具・合羽・レインウエア購入記

3シーズングローブ考察……と新規購入記

またまたウインターパンツ購入記

メッシュ脊椎パッド購入記

ジャケットをシールでカスタマイズ(?)記

膝パッドポケット付ワークマンパンツ購入記・夏用編

Googleマイマップ連動記 2020

表面保護・シリコーンオイル検証記

ライデングブーツ・シューズのソール・底考察記

30年目の革ジャン記

膝パッドポケット付ワークマンパンツ購入記

ニーシンパッド・プロテクタ(ポケットタイプ)3種比較記

メッシュシートカバー購入記

プロシェード・ロングバイザー装着記

ライディングブーツインソール考察記

VAS-V MV ピンロックシート使用記

Arai Tour-Cross2 リユース記

ウインターパンツ購入記

フルフェイス Arai XD購入記(with VAS-V プロシェード)

VAS-Z プロシェードシステム使用記

オープンフェイス Arai VZ-Ram plus購入記

雨具パンツリサイクル記

防水ソックス試用記

ガレージの強風対策(台風に備えて)記

とうとうハンドルカバー記

パッド付きジーンズ(2)購入記

またまたブラックアンクル購入記

TXピンロックシート&TXシールド交換記

スリーシーズングローブ(2)購入記

インナープロテクションジャケット購入記

ブーツ追加購入記

スリーシーズングローブ購入記

サイドバッグ ツアーシェルケース装着記

パッド・プロテクタ交換記

パッド付きジーンズ購入記

春夏ウエア購入記

ヘルメットホルダー試作記

ウインターグローブ購入記

オーバーグローブ試用記

雨具購入記

ブーツ補修記

サービスマニュアル考察記

GoogleMap連動記

ピンロックシールド装着記

ふくらはぎサポーター購入記

夏ウエア購入記

ヘルメット購入記

ロードサービス加入記

防風ジーンズ購入記

リアバッグ(シートバッグ)購入記

3シーズンジャケット改造記

コンプレッションインナー購入記

ニーシンガード考察記

続・ヘルメット購入記

ヘルメットスピーカー着用記

テント考察記

足周り防護記

USB充電器組み立て記

皮革オイルあれこれ

エアポンプ購入記

コードリール購入記

フロート充電器購入記

電熱グローブ購入記

スリーシーズンジャケット購入記

ブーツ買い替え記

ハンドルバッグ装着記

ウインドストッパインナー購入記

エアコンプレッサ購入記

オフロードブーツ購入記

メッシュジャケット考察

エアゲージあれやこれや

頬パッド改造記

トリクル充電器購入記

ヘルメット購入記

ガソリン添加剤試用記


 

戻る|備品・用品・エトセトラへ戻る