■YAMAHA SEROW 225WE (4JG6) セロー メンテナンス編

 

腰上大修理記

<8 実走後編>

快晴
テスト走行は快晴時が一番

 

 

garage Ak!rA

 

<2013年11月>

やっとなんとかなった気が

 週末は天気良好、よし、やっと再テストに出られるぞー

 まず、なにはともあれガレージ放置後のバッテリー電圧をチェック。
 13V弱で問題なし。ということはリークの原因もやはりレギュレータだったのだろう。

 外装を戻して工具を積んで、チェーンとタイヤのエア圧確認。
 そして今日はこんなことも試してみる。

スロットル開度を確認
油性マーカーでは目立たなかったのでビニールテープで

 MJやらPJやらをアレ(?)したので、今後の為にスロットル開度を確認しながら走行しようという姑息な手段。
 これで完璧なセッティングが出せるとは思わないけれど、ま、モノは試しということで。


 10時過ぎ、出発。
 時間は遅いが気温は低いので今年初の冬ジャケ出動となる。

 始動は一発、直後のアイドリングもごく安定

 しかしこれ、もしかすると以前より調子良いんじゃないだろうか?
 マフラーを交換してからというもの、冬場の始動後のチョーク戻しのタイミングが難しかった(早く戻すとエンスト、遅いとこれまたグズりだす)のだけれど、今日は「そろそろかな?」あたりでスパンと全戻ししても問題なし。これから先更に寒くなるとどうか?確認していくとしよう。

 先の「前編」と同じルートを走り出す。

 シグナルストップ・スタート問題なし。エンジンが温まってからのアイドリング安定継続、エンジンからの異音無し。

 前回の全電源喪失ポイントも無事通過、よしよしっと。

 そのまま環状線を走るつもりだったのだけれど、天気も良いのでちょいわき道へ。
 田圃の中の田舎道をひたひたと走る。「セローの60km/h巡航ってホント気持ち良いよなー」

 続いて新国道4号へ出て南下する。

 知っている人は知っているとおり、この道を法定速度+10km/hの範囲で走るのには結構な勇気がいる。
 周りのペースが「ここ、高速道路じゃないよね?」なのだ。
※それでも日中はまだマシ、夜間は下手すると東北道以上の…

 片側3車線道路の左端を一生懸命走る。あ~、今日ばかりは軽自動車に追いつくと安心するわ~


 50kmほど走って休憩をとる。

 まずはぐるりとエンジンを確認する。オイル漏れなし、排気漏れ跡なしっと。


心配だったガスケット再利用も大丈夫だった様子


今日はアンダーガードを省略

 ついでの昼飯はナポリタン。
 今日はいろいろ我慢して走っているので、こういう自分へのご褒美がないとねぇ。


しかしまぁ、都合のいい言葉ではありますね、「自分へのご褒美」ってのは

 出発。国道50号を東へ。

 こちらは4号ほどのペースではなくて一安心。それでも良い天気と快調のエンジンについスロットルを開けたくなるのだけれど…「我慢我慢、まだまだ我慢」

 給油。
 エンジン整備であれこれ使ったし、排気量もMJも上げてあるし「初回の見た目燃費」はさぞかし下がるだろうと思っていたのにさほど変わらず。う~む、これも後で要チェックだな。
※やっぱ薄いのかなぁ…(後述)

 笠間から北上。
 本当はいけないのだけれど、ついついアップダウンの激しいルートに入ってしまう。

 スロットルを開けられない状態だとやはり上りはちょい辛い。高いギアではトルクが足らず、低いギアだと回転が上がってしまう。
 「う~、これいつものように全開にできたらいったいどんな感じなんだろうなぁ…いや、でも今は我慢我慢」

 道の駅で休憩。
 3時のおやつには早いけれどアイスを食べる。今日はいろいろ我慢して(略)自分へのご褒美(略)


空が青いわ

 そうだと思いついてプラグをチェック。

 「ありゃ?なんか白いぞ?」


ピントが甘くてすいません

 出掛けに新品を装着したプラグ。

 今日はスロットルは開けていないしペースもそこそこ、なのにこの白さ。
 「まだ薄いのかな?それとも4ストだからそんなに気にすることもないのかな?」


 あれこれ考えながら自宅へと戻る。

 今日のまとめとしてはこんな感じ。

・今回の走行距離は150km、前回とあわせて修理後の走行は計200km。ナラシに1000kmは不要だと思うけど、500kmくらいはゆっくり走ってオイル交換しようかと。
・低速域でのエンジンは快調、オイル漏れ等なし。なのでエンジンの「修理」は完了かな。
・今日のスロットル開度は基本1/2以下、加速時のみちょい開け。となるとメインに使ったのはPJ?
・プラグを見たせいか「もうちょっとトルクがあっても…」な思いもしたり。これは全開にできるようになってから再確認。

 ともあれ、これなら先のとおり「修理は完了」と宣言しても良さそうだ。

 あとは「セッティング」の範疇になる予定、でもなぁ、これもまた苦労しそうなんだよなぁ(笑)


いずれにせよ、セローにはうやっぱこういう場所が似合いますな

 ←PREV   NEXT→ 





 

 

 

■ご注意■
当サイト内における整備・メンテナンス・操作は素人の手によるものであり、かつその記述内容には誤り、思い違い、記載漏れ等のある可能性があります。
この為、説明を真似て作業した場合でも、故障、事故、怪我等の危険性があります。
このようなトラブルにつき管理人は一切の責任を負いません。作業は個人の責任においてのみ行ってください。

■ SEROW225 コンテンツ一覧 ■

 型式・年式編 

 メンテナンス編 

ありがとうセロー・手放した件に関するあれこれ

リア常設箱刷新、アルミボックス記

カムカバーOリング&燃料コック交換記

スイングアームピボット・ベアリング化記

ブレーキとブレーキパッドの耐久性記

オフタイヤの寿命と交換タイミング記

常設箱・リアボックス記

デカールをなんとか再び記

ヘッドライトデカールをなんとか記

スイッチボックス点検記

歪み修正(?)記

お気楽ロングツーリング仕様たる為に、記

クラッチスイッチ撤去記

サイドカバーデカールをなんとか記

オイルフィルターカバーボルト穴リコイル(&フリクションプレート交換)記

メーターパネル灯・インジケーター交換記

オイルフィルターカバーボルト対応前調査記

アクセサリ電源、再々取得記

(インターミッション)歪み放置記

キャブ横プラパーツ(?)交換記

スイングアーム周り・グリス充填記2

ホムセン箱改造リアボックス積載・その後記

フロントフォークフルオーバーホール記

リアサブウインカー追加記

ホムセン箱改造リアボックス積載記

オイルフィルターカバーボルト観察記

アドベンチャースクリーン・キャップ代用記

ブレーキキャリパオーバーホール・リア記

ブレーキキャリパオーバーホール・フロント記

アクセサリ電源再取得記

燃料コック・フィルター確認記

キャブリセッティング記

エンジンフルオーバーホール後記

エンジン脱着記

セルモーター(スターター)分解点検記

バルブクリアランス(タペット音)確認記

ツーリングセロー225(236)記

ボアアップ後キャブセッティング記

ハンドル交換記・もしくはハンドルシミュレーター凄い記

ドライブスプロケットホルダ交換記

ヘッドライトカプラ交換記

・腰上大修理記

<1 確認編>

<2 検討編>

<3 分解編>

<4 組立前編>

<5 組立後編>

<6 実走前編>

<7 電装編>

<8 実走後編>

<9 総括編>

タイヤ交換記(TR-011 TOURIST)その後

オフローダーメンテナンススタンド考察記

バッテリー交換記

マップケース再作製報告記

コインドライバー賞賛記

チューブレスタイヤ・パンク修理記

USB電源取付け記

ブレーキマスタシリンダ交換記

続・ナンバープレートステー自作記

RSVサイレンサー分解+α記

続・マフラー交換記

吸気系変更(してみましたが……)記

ステムベアリング交換記

続・タイヤ交換記(TR-011 TOURIST)

ビッグキャリア(サポート)製作記

スタックバー交換記

スピードメーターケーブル交換記

マフラー交換(してみましたが……)記

ブローバイガス対処記

チェーン・スプロケット交換記

アーシング記

マップケース&キャリア加工記

スイングアーム脱着+足周りグリスアップ記

リアサスペンションオーバーホール(してもらい)記

ホイールベアリング交換記

サイドスタンドあれこれ記

ワイドステップ装着記

ピストンリング交換記

ブローバイチェック記

カムチェーンカバーOリング&ガスケット交換記

ブレーキパッド交換記

フォークオイル交換記

チューブ&チューブレス・タイヤ交換記

ブレーキサポートランプ(補助灯)装着記

リアフェンダー装着記・もしくはナンバープレートステー自作記

オイル漏れチェック記

タイヤ脱着・チューブ交換記

点火系トラブル記

リア周りメンテナンス記

ドライブシャフト・オイルシール交換記

クラッチ交換記

ハンドル周り・いろいろ交換記

タンク交換記

スイングアーム周り・グリス充填記

オイル交換記

フロントブレーキキャリパ清掃記

キャブレター清掃記

オフロードミラー購入記

 悪戦苦闘編 

オフロード装備再び考

ダート激走・考察記

オフロード装備考

ファーストインプレッション・オン&オフ記

突発購入記


 

戻る SEROWへ戻る