■YAMAHA SEROW 225WE (4JG6) セロー メンテナンス編

 

腰上大修理記

<9 総括編>

セロー
これで大丈夫……のはず

 

 

garage Ak!rA

 

<2013年12月>

一区切りとしておきましょう

 その後、二週間かけて+300km程走ってみる。

 ペースは相変わらずの遠慮走法、だけれど後半は瞬間最高速をもう10km/hほどかさ上げしたのでそれほどイライラすることなく走り続けることができた。
#そう、新4号国道以外ではね。

 修理後の走行距離はこれでトータル500km

 慣らしはこれにて終了とオイル交換。
 出てきたオイルは特に異常なし。例によってフィルターには金属粉がないでもないが気にするほどではなし。
 下回りのチェック時にオイルにじみを発見したので、ガスケットはやはり新品に交換しておくことにする。


最近はこれくらいの量じゃ驚かなくなりました


再確認の意味もこめて

 あれこれ確認、問題なし。

 「よーし、これで上まで回せるぞー」

 前回書いたとおり、ここから先は修理ではなくセッティングの領域になるはず。
 泥沼の道が待っているはずなのでコンテンツは別にしましょうかね(笑)

 でまぁ、ここまでのまとめとしてなのだけれど。

 北海道から自宅への輸送、ヘッドの修理依頼、ボーリングに新ピストン、そしてもちろん諸々の交換部品とトータルすると額に縦線が出てしまうくらいかかってしまった費用なのだけれど、まぁ何しろ5万キロ走行の空冷短気筒バイクだ。修理と共にリフレッシュしたと考えればそう悪い事ではないようにも思える。
#それにホラ、こうしてネタにもできたわけだし。

 今後の心配といえば「今回手を付けなかった」場所。

 具体的には腰下で、コンロッドとかクランクとかベアリングとかミッションギアとか。
 エンジンの上が元気になれば下には今まで以上の負荷がかかる。しつこいようだが5万キロ。何時どこで何があってもおかしくない…は継続中なのだ。

 ボーリング・ボアアップしたことによるメリット(&デメリット)はまだまだ未知数。これはセッティング如何になるだろう。

 中低速はノーマルのままでも充分満足。なので高速100km/h巡航の安定性(上り坂含む)と、いざという時の追い越し加速がもう少しアレしてくれれば…あたりが目指すところではある。
 ま、本当は安定性云々より「壊れない」が重要なのだけれどね(笑)

 そうそう、ボアアップといえば一つ書き忘れたというか、疑問点が一つ。

 今回のボアアップは直径で約2mm(半径1mm)、燃焼室の形状には変更なし(多分)
 となると計算上、圧縮比がノーマルの9.5から10.0へと上がることになってしまうのだけれどどうなのだろう?

223cc(70*58):圧縮比9.5→計算上の燃焼室容量26.3
236cc(72*58):燃焼室容量26.3→計算上の圧縮比9.99

 新ピストンのトップはノーマル同様フラット(逃げ場なし)だったのだけれど、上死点位置でシリンダ上端ぎりぎりまで上がっていたかどうかは未確認。(ええい、シリンダ入れた直後にそんなことまで気づかんわっ!)
 あとで調べてみるとしよう。まぁこれも数値云々より乗って気持ち良ければそれでいいんだけどね。
※とか言いつつ情報募集(笑)

 
これ見ると少~し隙間があるんだけど、この時ぴったり上死点位置だったかどうかは不明


 さて、これで本当に修理は完了だ。

 この先ヒマをみながらセッティングをするのだけれど、他にも曲がったままのハンドルとか磨り減ったグリップとか冬場だけでもスクリーンをとか、いろいろ考えてることがあるんだよねぇ。


5万キロ5万キロと騒いでましたが、実際に到達したのは慣らし中の話だったりして

<了>

 ←PREV 





 

 

 

■ご注意■
当サイト内における整備・メンテナンス・操作は素人の手によるものであり、かつその記述内容には誤り、思い違い、記載漏れ等のある可能性があります。
この為、説明を真似て作業した場合でも、故障、事故、怪我等の危険性があります。
このようなトラブルにつき管理人は一切の責任を負いません。作業は個人の責任においてのみ行ってください。

■ SEROW 一覧 ■

 型式・年式編 

 メンテナンス編 

リア常設箱刷新、アルミボックス記

カムカバーOリング&燃料コック交換記

スイングアームピボット・ベアリング化記

ブレーキとブレーキパッドの耐久性記

オフタイヤの寿命と交換タイミング記

常設箱・リアボックス記

デカールをなんとか再び記

ヘッドライトデカールをなんとか記

スイッチボックス点検記

歪み修正(?)記

お気楽ロングツーリング仕様たる為に、記

クラッチスイッチ撤去記

サイドカバーデカールをなんとか記

オイルフィルターカバーボルト穴リコイル(&フリクションプレート交換)記

メーターパネル灯・インジケーター交換記

オイルフィルターカバーボルト対応前調査記

アクセサリ電源、再々取得記

(インターミッション)歪み放置記

キャブ横プラパーツ(?)交換記

スイングアーム周り・グリス充填記2

ホムセン箱改造リアボックス積載・その後記

フロントフォークフルオーバーホール記

リアサブウインカー追加記

ホムセン箱改造リアボックス積載記

オイルフィルターカバーボルト観察記

アドベンチャースクリーン・キャップ代用記

ブレーキキャリパオーバーホール・リア記

ブレーキキャリパオーバーホール・フロント記

アクセサリ電源再取得記

燃料コック・フィルター確認記

キャブリセッティング記

エンジンフルオーバーホール後記

エンジン脱着記

セルモーター(スターター)分解点検記

バルブクリアランス(タペット音)確認記

ツーリングセロー225(236)記

ボアアップ後キャブセッティング記

ハンドル交換記・もしくはハンドルシミュレーター凄い記

ドライブスプロケットホルダ交換記

ヘッドライトカプラ交換記

・腰上大修理記

│・<1 確認編>

│・<2 検討編>

│・<3 分解編>

│・<4 組立前編>

│・<5 組立後編>

│・<6 実走前編>

│・<7 電装編>

│・<8 実走後編>

└・<9 総括編>

タイヤ交換記(TR-011 TOURIST)その後

オフローダーメンテナンススタンド考察記

バッテリー交換記

マップケース再作製報告記

コインドライバー賞賛記

チューブレスタイヤ・パンク修理記

USB電源取付け記

ブレーキマスタシリンダ交換記

続・ナンバープレートステー自作記

RSVサイレンサー分解+α記

続・マフラー交換記

吸気系変更(してみましたが……)記

ステムベアリング交換記

続・タイヤ交換記(TR-011 TOURIST)

ビッグキャリア(サポート)製作記

スタックバー交換記

スピードメーターケーブル交換記

マフラー交換(してみましたが……)記

ブローバイガス対処記

チェーン・スプロケット交換記

アーシング記

マップケース&キャリア加工記

スイングアーム脱着+足周りグリスアップ記

リアサスペンションオーバーホール(してもらい)記

ホイールベアリング交換記

サイドスタンドあれこれ記

ワイドステップ装着記

ピストンリング交換記

ブローバイチェック記

カムチェーンカバーOリング&ガスケット交換記

ブレーキパッド交換記

フォークオイル交換記

チューブ&チューブレス・タイヤ交換記

ブレーキサポートランプ(補助灯)装着記

リアフェンダー装着記・もしくはナンバープレートステー自作記

オイル漏れチェック記

タイヤ脱着・チューブ交換記

点火系トラブル記

リア周りメンテナンス記

ドライブシャフト・オイルシール交換記

クラッチ交換記

ハンドル周り・いろいろ交換記

タンク交換記

スイングアーム周り・グリス充填記

オイル交換記

フロントブレーキキャリパ清掃記

キャブレター清掃記

オフロードミラー購入記

 悪戦苦闘編 

オフロード装備再び考

ダート激走・考察記

オフロード装備考

ファーストインプレッション・オン&オフ記

突発購入記


 

戻る SEROWへ戻る