■YAMAHA SEROW 225WE (4JG6) セロー メンテナンス編

 

キャブ横プラパーツ(?)交換記


キャブ横プラパーツ(?)交換記
パーツとしては「カバー、ダイヤフラム」らしいんですけれどね

 

 

garage Ak!rA

 

<2017年9月>

転ばぬ先の。

 キャブレターのパーツを交換する。

 うちの225セロー(4JG6)の純正キャブレターには、右側に黒いプラスチックのパーツが付いている。
※何時からの仕様についているのかは不明

 通称「キャブの横の黒いプラスチックパーツ」 (をい)

 いや、でもホント225セロー乗りにはこれだけで通じるんだってば!


ここですね

 さてこのパーツ、プラ部品なので経年劣化でヒビが入ることが多い。
 もしくはキャブをOHする際、無理に外そうとして割ってしまったりとか。
 なので俺はこれまでできるだけ触らないようにしていた。

 ヒビだけでも空気が入り込む。結果、セッティングがズレたり、負圧が逃げてメインのダイアフラムが全開にならなくなってしまうのだ。
#この辺りがワイヤーで開閉する強制キャブに比べ負圧キャブの弱いところだよな。

 うちのセローは、見た目はまだまだ大丈夫

 アイドリング中、周囲にスプレーを吹いても回転が変わらないから二次エアを吸っている風もない。
 だが何しろ1999年製、いつどうなっても不思議ではないので、今のうちに交換しておくとしよう。

<余談>
……と強がってはみた(?)けれど、以前書いたとおり、うちのセローは世間一般でのお勧めセッティングにするとガスを薄く感じて仕方ない。
 実は全開時だけでもどこかから吸ってるんじゃ?な思いもあったりはするのだ。

 このパーツ、何故かヤマハのオンラインパーツリストには載っていないのだけれど個別発注が可能。
 パーツNOは、「2LN-14958-10」だ。
※あ、ってことは適用は2LNからなのかな。



 9月。北海道ツーリングから帰ってきて一息ついた頃、作業開始。

 パーツはかなり前に購入済みだったのだけれど、現在のセローの調子は決して悪くない。
 だから、すぐやらなくても大丈夫だし、また弄り壊す可能性のある(をい)この手の作業は、北海道ツーリングのような大きなイベント前には行わないようにしているのだ。
※かといってうかうかしてると寒くなって、ゴムやプラスチックが硬くなって作業しにくくなるんだよね。

 キャブの取り外しはいつものとおり。

 ツーリングの後洗車してあったのだけれど、キャブ周りには土汚れ多数。
 キャブ周りはあまり水を掛けないようにしているのでまぁ仕方なし。

 外れたら汚れをざっと落として作業台へ。

 件のパーツは3つのプラスネジで本体に留められている。
 製造後18年で(多分)初めて外すので、まずはたっぷりとラスペネを。

 5分待ってからドライバーで慎重に。よし、緩みました。

 中にはスプリングが入っているのでネジを緩めるとパーツが浮いてくる。
 外す際には飛び散らないように要注意。


結構強いスプリングです

 プラパーツと共に交換する2つのOリングの位置を確認。

 1つは上の画像のスプリングの上に見える小さなOリング。
 もう1つは外れたパーツ側の溝の中
 「ああ、こっちは見た目入ってるようには見えないな、パーツリスト確認しといてよかったわ」

 スプリングの下にセットされた小さなダイヤフラム。これも取れるはずなのだけど引っ掛かりが。

 金属部をラジオペンチで掴んで慎重に引っ張って……よし取れました。
 どうやら差し込まれている部分が固着しかかっていた様子。ここも綺麗にしなければ。


左側に見える金属部が汚れてました

 目的パーツが一通り外せて安心したところで、こちらはいつものパーツ類を外していく。

 トップカバー外してメインのダイアフラムとニードルを抜いて。
 ボトムケース(?)外してフロート……は油面がズレると面倒なので今日はそのままで。

 ジェット・ニードル類を全外し。
 あとはパーツクリーナーできれいさっぱりに。


ジェット系はドブ漬けに


穴系を綺麗にしておかないと

 満足したら組みなおす。

 新しいパーツを含め、基本ボルト・ネジで止めるだけだけど、唯一の設定、PSはいつもどおり2回転戻しで。

 「よーし、できたできた」

 キャブを車体に取り付けて、タンク諸々も取り付けて。

 指差し確認してガソリンコックオン。
 30秒待ってチョーク引いてエンジンスタート。問題なく一発始動っと。

 テストにちょいと走り出す。

 低速域問題なし。
 中速域での加速が良く感じるのは、多分荷物満載だった北海道ツーリングの感覚が残っているからだろう。
 その証拠に最高速は115km/hとこれまで同様。

 (煩いけど)異音なし、(揺れるけど)異振動なし、始動は先の通り一発で。 

 「よしOK。やっぱり元パーツにも異常はなかったのかな。でもまぁ、これも安全料ということで」

 




 

 

 

■ご注意■
当サイト内における整備・メンテナンス・操作は素人の手によるものであり、かつその記述内容には誤り、思い違い、記載漏れ等のある可能性があります。
この為、説明を真似て作業した場合でも、故障、事故、怪我等の危険性があります。
このようなトラブルにつき管理人は一切の責任を負いません。作業は個人の責任においてのみ行ってください。

■ SEROW225 コンテンツ一覧 ■

 型式・年式編 

 メンテナンス編 

ありがとうセロー・手放した件に関するあれこれ

リア常設箱刷新、アルミボックス記

カムカバーOリング&燃料コック交換記

スイングアームピボット・ベアリング化記

ブレーキとブレーキパッドの耐久性記

オフタイヤの寿命と交換タイミング記

常設箱・リアボックス記

デカールをなんとか再び記

ヘッドライトデカールをなんとか記

スイッチボックス点検記

歪み修正(?)記

お気楽ロングツーリング仕様たる為に、記

クラッチスイッチ撤去記

サイドカバーデカールをなんとか記

オイルフィルターカバーボルト穴リコイル(&フリクションプレート交換)記

メーターパネル灯・インジケーター交換記

オイルフィルターカバーボルト対応前調査記

アクセサリ電源、再々取得記

(インターミッション)歪み放置記

キャブ横プラパーツ(?)交換記

スイングアーム周り・グリス充填記2

ホムセン箱改造リアボックス積載・その後記

フロントフォークフルオーバーホール記

リアサブウインカー追加記

ホムセン箱改造リアボックス積載記

オイルフィルターカバーボルト観察記

アドベンチャースクリーン・キャップ代用記

ブレーキキャリパオーバーホール・リア記

ブレーキキャリパオーバーホール・フロント記

アクセサリ電源再取得記

燃料コック・フィルター確認記

キャブリセッティング記

エンジンフルオーバーホール後記

エンジン脱着記

セルモーター(スターター)分解点検記

バルブクリアランス(タペット音)確認記

ツーリングセロー225(236)記

ボアアップ後キャブセッティング記

ハンドル交換記・もしくはハンドルシミュレーター凄い記

ドライブスプロケットホルダ交換記

ヘッドライトカプラ交換記

・腰上大修理記

<1 確認編>

<2 検討編>

<3 分解編>

<4 組立前編>

<5 組立後編>

<6 実走前編>

<7 電装編>

<8 実走後編>

<9 総括編>

タイヤ交換記(TR-011 TOURIST)その後

オフローダーメンテナンススタンド考察記

バッテリー交換記

マップケース再作製報告記

コインドライバー賞賛記

チューブレスタイヤ・パンク修理記

USB電源取付け記

ブレーキマスタシリンダ交換記

続・ナンバープレートステー自作記

RSVサイレンサー分解+α記

続・マフラー交換記

吸気系変更(してみましたが……)記

ステムベアリング交換記

続・タイヤ交換記(TR-011 TOURIST)

ビッグキャリア(サポート)製作記

スタックバー交換記

スピードメーターケーブル交換記

マフラー交換(してみましたが……)記

ブローバイガス対処記

チェーン・スプロケット交換記

アーシング記

マップケース&キャリア加工記

スイングアーム脱着+足周りグリスアップ記

リアサスペンションオーバーホール(してもらい)記

ホイールベアリング交換記

サイドスタンドあれこれ記

ワイドステップ装着記

ピストンリング交換記

ブローバイチェック記

カムチェーンカバーOリング&ガスケット交換記

ブレーキパッド交換記

フォークオイル交換記

チューブ&チューブレス・タイヤ交換記

ブレーキサポートランプ(補助灯)装着記

リアフェンダー装着記・もしくはナンバープレートステー自作記

オイル漏れチェック記

タイヤ脱着・チューブ交換記

点火系トラブル記

リア周りメンテナンス記

ドライブシャフト・オイルシール交換記

クラッチ交換記

ハンドル周り・いろいろ交換記

タンク交換記

スイングアーム周り・グリス充填記

オイル交換記

フロントブレーキキャリパ清掃記

キャブレター清掃記

オフロードミラー購入記

 悪戦苦闘編 

オフロード装備再び考

ダート激走・考察記

オフロード装備考

ファーストインプレッション・オン&オフ記

突発購入記


 

戻る SEROWへ戻る