■YAMAHA SEROW 225WE (4JG6) セロー メンテナンス編

 

歪み修正(?)記



またもやクエスチョン付きのタイトルが

 

<2019年31月>

直しましょう

 うちのセロー、どこかが歪んでいるのだ。……というのをいつぞや書いた。
※(インターミッション)歪み放置記

 内容的には「どこか曲がってるんだけど手放しで真っすぐ走るからキニシナイ」だ。

 その後も同じ状況なのだけれど、去年の晩秋、凍った路面で久しぶりにマジゴケをやらかしてフロント周りを曲げてしまう。

 この時もこれまで同様「タイヤをガードレールにがんがんぶち当てて直す」で対応したのだけれど、「曲がった感じなのに素直にまっすぐ進む」は変わらず。

 うーむ、あれだけがんがんやったのに変化なしというのはおかしいな。
 やっぱ一度ちゃんと見てやるか。

 某日作業。
 といっても難しい事はない。あちこち緩めて締めなおすだけだ。
 そして運よくこれだけで直ってしまえばラッキーということで。

 さて、現状確認としては、タイヤが真っすぐだとハンドルがやや左を向く雰囲気だ。(右端が前方になる)


100倍くらい誇張すると、これでまっすぐ進む感じ

 それではと、メンテスタンドで車体を上げて、リアタイヤ下にブロックを突っ込んで上げて、フロントタイヤが軽く接地する状態にしておく。
 こうしておかないと、フロントホイールが外れて軽くなった瞬間に後ろへ反り返ったりするからだ。
※まぁ今回はホイールは完全には外さないのだけれど。

 アクスルシャフト、ステム、フォーククランプと下から順番に緩めていく。

 そしてやっぱり面倒だったので、アドベンチャースクリーンはすっぱり外してしまおう。
(ヘッドライトはボルトのみ外してフリーに)


緩める前に今のフォーク突き出し量記録用画像

 三又部のトップボルトはハンドル(とブリッジ)を外さないと緩められない。
 それではと緩める前に、こちらも今のハンドルポジションにマーキングを。


これ緩めるのは久しぶり、そして気づかなかった錆(あとで落とす)


今のポジションは結構気に入ってるので


緩めるときはいいとして、締めるときにやりすぎ注意

 さあ、これで全部ゆるゆるになりましたよと。
※トップ画像がこの状態

 あちこちがたがた揺すってはみたものの、この状態では真っすぐにできるかどうかの判断など付くはずもなし。
 よーし、んじゃ確認しながら戻していくか。

 アクスルシャフトを留めて、フォークを上下させてから一番上のボルト(フォーククランプ)を仮止める。

 メンテナンススタンドをそっと外して前後ホイールに荷重がかかった状態で先のトップボルトを締めなおす。
 ハンドルも慎重に元のポジションに戻してってと。

 この状態でシートにまたがり、ハンドルを握ってみる。
 「ありゃ?今度は逆に曲がってないか?」

 なんとなく右手が手前になっているような。
 なのでハンドルを左に切って、コンコンと叩いてみる。

 「うーむ、またまた変わった……かな?」

 確かにハンドルの感覚が先ほどと違う。なんとなく真っすぐになったようなそうでもないような……

 「上下は留めてあるし、そんなに簡単に戻るはずもはいんだけど?」と首をかしげながら他のボルトを本締めしていく。
 スクリーンも戻しで、締め忘れが無いか指さし確認。どれどれと……


画像は若干ハンドルが左に切れてます

 乗ってみると、なんとなくだが以前よりまっすぐに近くなった気がする

 そして見た目的には、タイヤとフェンダーにズレが出た。
 以前はこんなに差があった覚えはないから、やはりどこか変わったのだろう。

 理論的には上下のねじれが解消されれば真っすぐになるはずなのだけれど、それだけでは変わらなかったのがこれまでの話。
 そして今日、ねじれていないのにハンドルコンコンしたら位置関係が変わったのは間違いなさそう。

 「うーむ、げに難しきはオフ車のジオメトリ……」

 近所を一回りしてみたが感触は悪くなし。

 歪みは(がっちり真っすぐの)VMAXに乗った後だとよりはっきりと感じるものだ。
 残念ながら今日はこれで時間切れ。次の機会に確認してみるとしよう。


試乗中、なんかカタカタ言うな?と見たらサイドスタンドストッパーが無くなってきたのでまた新規に取付を。

 


 

 

 




 

戻る SEROWへ戻る